AGAスキンクリニックのdr.メソ(ドクターメソ)の効果と副作用まとめ

こちらではAGAスキンクリニックのdr.メソ(ドクターメソ)について徹底解説しています。

dr.メソ(ドクターメソ)は育毛メソセラピーの一種であり、AGAスキンクリニックの提供しているメソセラピーのサービス名となります。

最大のメリットは投薬治療と併用することで、通常よりも早く薄毛改善効果が実感できる点です。

費用は高額なのですが、副作用もないためお金に余裕があるなら検討してみる価値があるサービスです。興味ある方は最後までご覧ください。

AGAスキンクリニックのdr.メソはどのような治療なのか

dr.メソは頭皮に医薬品成分を注射して、発毛を促す治療法です。

メソセラピーは様々な治療薬を混合した薬液カクテルを頭皮に直接注入する治療法ですが、施術法や薬液の成分などは各クリニックで差異があります。

薬液の成分は後述しますが、AGAスキンクリニックのメソセラピーでは薬液の注入前に痛みの軽減のための工夫がなされます。

冷却器具の金属部分を頭皮に充てて一時的に皮膚の感覚をなくし、その間に薬液を注射器で注入します。

低温による知覚麻痺効果を利用した一種の麻酔といっても良いかもしれませんね。

dr.メソ(ドクターメソ)の効果について

dr.メソは通常のAGA治療よりも、強力な効果を早く実感できます。

AGAの治療においては、内服薬で体の中から薬の作用をもたらす他に外用薬も使用されます。しかし外用薬は効率の面で若干の弱さがあります。

すなわち薬液の浸透の問題です。人の頭皮も皮膚であり、防衛機能から皮脂などのバリア機能が備わっています。

これらに薬液の浸透を邪魔されるため、せっかく塗布してもロスが出てしまうのです。この弱点をカバーするためには頭皮の内部に直接薬液を注入する必要があります。

これによって薬液の効果をロスなく毛根に届けることが可能になります。

Dr.メソではミノキシジルの他に、亜鉛やビタミン、ミネラルやアミノ酸などの発毛補助成分と成長因子が配合されています。

これらは互いに相乗効果を発揮してAGAを抑制し、毛根に活力を与えます。

特に成長因子は後述しますが、メソセラピー治療における主役と言っても良いもので、他の治療薬とは別の形で発毛に作用します。

1.配合されている成分について

メソセラピーで使用する薬液成分は各クリニックで若干異なりますが、AGAスキンクリニックのメソセラピーで使用される薬液には以下のものが含まれます。

  • ミノキシジル・・血流の増進と新しい毛細血管の増設作用
  • インスリン様成長因子(IGF-1)・・毛母細胞の分裂促進作用
  • 繊維芽細胞増殖因子(bFGF)・・血流促進作用
  • 血管内皮細胞増殖因子(VEGF)・・血管新生作用
  • その他各種栄養成分・・コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、銅ぺプチド、各種ビタミン類

2.効果を実感できるまでの期間について

半年ほどで効果を実感できるケースが多いようです。投薬治療のみが1年ほどと言われているので、効果を実感できるスピードはかなり速いです。

メソセラピーでは基本的に一カ月に一回の施術を行い、それを6か月行って1クール終了となります。

効果を実感できるのが大体半年ほどですが、投薬治療と合わせて併用することで薄毛の改善効果の発現をかなり早めることができるとされています。

1年ほど経つ頃にはかなりの毛量の回復を実感できるでしょう。

メソセラピーの併用によって発毛がなされれば、後は薬の力でそれを維持できるので、できるだけ早く毛量を回復して見た目の改善効果を実感したいのであればメソセラピーの併用がおススメと言えます。

dr.メソ(ドクターメソ)の副作用について

dr.メソは副作用が極めて起こりにくいです。必要な部分のみに有効成分を注射するためです。

AGAの治療に用いられる治療薬は効果が強い分、副作用の心配もあります。特に内服薬は全身に影響が及ぶため、治療効果が強く望める代わりに、副作用が重くなりがちです。

メソセラピーでは有効成分を頭皮に直接注入する方法のため、全身への影響がなく、内臓による代謝の過程も減る必要がないので副作用の心配はまず要りません。

持病や体質などで、治療薬を内服できない方などには非常に有効な手段と言えます。

それでもやはり外界の物質を頭皮に注入するわけですので、人によっては頭皮に痒みや軽い炎症が起きることもあります。

体が慣れればこうした症状は改善されることがほとんどですが、アレルギーなどで症状が重く出る場合は医師の判断で施術が中止される可能性もあります。

dr.メソ(ドクターメソ)の費用・料金について

AGAスキンクリニックのdr.メソの場合は、薬液が2㏄の場合は1回5万円、4㏄の場合は1回7万円となっています。

メソセラピーの施術は月1回の施術を半年行うのが基本ですが、実際は医師の判断で施術回数の調整が行われます。

メソセラピーは先端治療ですので、どうしても費用負担が重くなるのが残念なところです。

医師が薄毛の症状をみて、改善までに必要な施術回数や薬液の量をアドバイスしてくれます。これを参考にして最終的には患者さんが自分の判断で決定します。

施術回数については、実際の薄毛の改善状況をみて追加で施術をお願いすることも可能です。

費用負担が重く支払いが難しい場合でも、AGAスキンクリニックでは医療ローンの提供があるので利用することができます。

医療ローンでは分割払いで治療費の支払いができるので便利です。

総評するとdr.メソはこんな人におすすめ

総評すると、お金がある人が発毛スピードを上げたいときにdr.メソはおすすめです。

費用負担が重いとされながらも投薬治療との相性がよく、薄毛改善のスピードが劇的に早まるメソセラピーは可能であれば併用する方が断然有利になります。

従って費用負担を許容できるのであれば、ぜひとも利用を検討したいところです。

薄毛改善を急ぎたい方はまずは併用治療を開始し、半年で目途を付け、それ以降は必要に応じて追加施術を検討すると良いでしょう。

また改善までそれほど急いでいないけれども、投薬治療の効果が出にくいようであればメソセラピーの追加治療も検討したいという方もいらっしゃるでしょう。

その場合はまずは投薬治療を先行して始め、改善スピードに満足がいかない場合に追加でメソセラピーを検討しても良いと思います。

AGAスキンクリニックの魅力は全国展開していること

そしてAGAスキンクリニックは全国展開しているので、dr.メソによる治療を受けやすいです。

美容系クリニックは最新の知見を取り入れて患者さんの要望を満たす医療サービスを提供してくれますが、一般の医療機関と違って数が少なく、街中に多く点在しているわけではありません。

ほとんどは駅前などに集中し、多くの美容クリニックもこれに倣っています。

しかしメジャーなAGAクリニックの多くは主要都市圏にしか展開していないクリニックが多く、先端治療や患者さんが望む治療を受けるのが物理的に難しいのはデメリットです。

この点、AGAスキンクリニックは全国展開しているので、全国の地方都市でも同じ治療が受けることが可能です。

地方の方であっても、首都圏のクリニックと同じ先端の治療を受けられることは大きなメリットと言えるでしょう。

dr.メソ(ドクターメソ)のまとめ

dabeb650dd55d5b2af6cd54f93c71d01-620x372

さてメソセラピーとはどういうものかや、AGAスキンクリニックで提供されるメソセラピーである「dr.メソ」について見てきました。

dr.メソはメイン治療となる投薬治療と相性がよく、組み合わせることで薄毛の改善スピードを早めることができるので可能であれば併用を検討したいものです。

しかし費用面で高額になってしまうので、「結婚式に間に合わせたい」などの時間的な制約が無いのであれば必ずしも受ける必要はありません。

AGAスキンクリニックでは医療ローンも可能なので、支払いが難しい場合でも医師から利用を奨められることがあるかもしれませんが、ローンの利用については自己責任なのでよく考えてくださいね。

dr.メソ(ドクターメソ)の関連記事

AGAスキンクリニックの治療と費用の全て【口コミ・評判】 育毛メソセラピーの発毛効果・副作用・費用について徹底解説

コメントを残す