部屋掃除をすると節約に繋がるって本当?その理由を細かく解説


部屋の掃除と節約になんの関係があるのか、むしろまったく関係ないように思えるこの2つですが、実は深い関係があるんです。

お金持ちや芸能人の家って、スッキリしている人が多いですよね。

ゴチャゴチャしていると生活感が出て落ち着く人もいるかもしれませんが、ホテルのような片付いた部屋って憧れませんか?

部屋に物が少ないと良い事だらけなんです。

節約したくて安い日にストックを買い込んでる人、それ逆効果かもしれませんよ。

部屋が汚い人は浪費癖があると自覚するべき

忙しい両親に育てられた私は、子供の頃からいわゆる汚部屋で育ってきました。片付け方って親からしか教わらないですもんね。

そのまま大人になっても部屋は散らかったままで、なんでも好きなものを買って、使わないもので溢れかえった状態でした。物欲が強い人ほど、物が増えていきます。

部屋が片付いている人は、無駄遣いも少ないし、なんでもかんでも買ったりしないんです。部屋が汚い人は、浪費癖があるということを自覚しましょう。

部屋掃除をすると節約に繋がる9つの理由

ではなぜ部屋の掃除をすると節約につながるのか、詳しく解説をしていきますね。

納得できるものから実践してみてください。

1.同じものを買わなくて済む

片付いていると何がどれだけあるのかを把握できるので、同じものを購入してしまうのを防げます。

掃除しようと思って掃除用具を買ったけど、前に買っておいたの忘れてた!なんてことありませんか?

ストックも、置き場を広く使うためにあまり溜めないようにしましょう。

2.部屋をきれいに保ちたいので無駄な物を買わずに済む

一度本格的な断捨離をすればわかりますが、部屋がきれいになると、物を増やしたくなくなります。

買い物をするときに、「これはどこにしまうか」「捨てるときはめんどくさくないか」ということを考えるようになります。

結果無駄な物を買わずに済むのです。部屋に散らかっているものって、だいたい無駄なものが多いですよ。

3.整理整頓することで普段使わないものと本当に必要なものがわかる

代表的なものだと洋服です。一度家の中にある衣類を全て出してみてください。

どれだけの服を持っていたか、驚くと思います。その中で1年以上着ていない服はどれだけみつかると思いますか?

中には買ったけど1回しか着なかった服、一度も着なかった服が出てくることもあります。

冠婚葬祭の服以外で、着ていない服、よれよれにになっていたり、たとえお気に入りでも毛玉だらけになっている服などはすべて処分しましょう。

捨て終わったあとは、本当に必要なものだけに囲まれるので、気分もいいし、服選びに迷いません。

4.精神衛生にも良いしストレスがたまらない

仕事から疲れて帰ってきたとき、ソファに物が溢れてて座れなかったら、どんな気持ちになりますか?

見渡す限り物が溢れていると、精神衛生にもよくありません。

足の踏み場もないくらい散らかっているなら、物をどかしながら、踏まないように歩かないといけません。とてもストレスですよね。

きれいな部屋と散らかってる部屋だとどちらがストレスが溜まるか、明白ですよね。

5.ストレスがたまらないからストレスによる衝動買いが減る

ストレス解消法に「買い物」と答える人は多いと思います。ストレス発散のためにお金を使うのは、実は良くないんです。

本当に欲しいものではなくても買ってしまう「衝動買い」はあとから後悔することもありますよね。

部屋をきれいに保つことでストレスが減ると、ストレスによる衝動買いも減るのではないでしょうか。

6.掃除でストレスとハウスダストが減るから医療費も減りやすい

掃除しなきゃ…掃除しなきゃ…と思っていてもなかなかできずにストレスになる方もいます。

掃除をしないからといってそれがハウスダストアレルギーと直結するわけではありませんが、それが原因でアレルギーを発症してしまうこともあるんです。

ホコリやダニ、ないほうがいいですもんね。

もしストレスやハウスダストで病院にかかるなら、それだけの医療費がかかります。少しでも軽減させるためには掃除は必須ということですね。

7.無駄な買い物にいかなくなるので、ついでに物を買うこともなくなる

衝動買いがしたい!となることも減るので、無駄な買い物に行かなくなります。

そこでついつい別の何かを買ってしまう行為も必然的になくなりますよね。

8.部屋がきれいなので掃除にかかるお金が減る

散らかってる人はずっと散らかってるか、人によっては年に一度業者に頼んで掃除してもらう人も多いのではないでしょうか。

年に一度、業者に頼むのはとてもいいことですが、常に部屋がきれいだと、その必要もなくなります。

常にきれいなんて保てないとは思いますが、小さいところから、日々掃除をしてみてください。掃除にかかるお金が減らせますよ。

9.掃除するときに物を捨てることで無駄遣いしていたと気付く

半分以上入った化粧水、一度しか着なかった服などを処分していくうちに、どれだけ無駄遣いしていたかに気づくことができます。

もったいなかったなと気づいて処分することで、今後良く考えてから購入できるようになりますよ。

無駄遣いをしていたことに気づくことが大切です。

部屋は掃除して不要な物は売ってしまってお金に変えよう!

使わないと気づいたものがたくさんあっても、やっぱり捨てるのはもったいないと思うのは当たり前のことです。

できれば誰か必要な人に譲りたい、欲を出すなら売ってお金にしたいですよね。不用品はメルカリなどがおすすめです。

大きいものはジモティーなどで無料で引き取って貰えれば、粗大ごみ代が浮きます。

それぞれのジャンルに専門の買取業者もあるので、ネットで簡単に査定してもらうのもおすすめですよ。

部屋掃除をしてお金が貯まる環境を整えてみませんか?

お金・節約と部屋掃除には深い関係がありました。

不用品の再利用はもちろん、環境にも節約にもいいですが、その前に部屋を片付けてみましょう。

物が少ないと、部屋の掃除が格段に楽になるんです。テーブルを拭くために片付ける、掃除機をかけるために片付ける、という手間が省けます。

「もったいないからとっておく」をやめることで部屋が整い、心も安定します。そのあとはまず物欲が減り、買い物する際は本当に必要なのかを考えるようになります。

そもそも物を買わないことが一番の節約になるので、散らかる原因になりそうなもの、本当に最後まで使い切る自信がないものは買うのはやめましょう。

部屋が片付いているといいことばかりです。急な来客にも対応できます。

節約を考えているならぜひ、部屋の片付けから始めてみませんか?