fbpx

クレジットカードを利用して節約する方法!ニーズに合わせてクレカを選ぼう

普段、クレジットカードで支払いをするシーンは多々ありますよね。

それが節約に結びつくのかどうかピンとこないかたもいらっしゃることと思います。

今回は、節約を意識したクレジットカード選びのポイントについてまとめてみました。

ニーズに合わせて上手くクレカ選びができると、経済的なんですよ。

家計の見直しを考えている方は、是非参考にしてみてください。

クレジットカード払いにすると節約できる生活費

クレジットカード払いができる生活費は、以下の費目が挙げられます。

・水道光熱費

・通信費

・税金

・保険料

・交通費

・交際費など

水道光熱費や通信料をはじめとする固定費は、クレジットカードを登録してしまえば、自動で支払いができるようになります。

ポイントが貯まるなどのメリットもあり、口座振替で支払うよりも、ずっとお得です。

クレジットカードをあまり持ち歩きたくないという方でも、固定費であれば関係ないので、おすすめですよ。

上手く活用して、少しでも節約していきましょう!

クレジットカード支払いのメリット

クレジットカードで支払うと、以下のようなメリットがあります。

現金で同じ金額を払うなら、クレジットカード支払いにしてなるべくお得感を味わいたいですよね。

色々なメリットを受けられるように、クレジットカードを上手く活用していきましょう。

・ポイントが貯まる

クレジットカード支払いの最大のメリットと言えるかもしれません。

利用金額に応じてポイントが貯まるシステムになっていることがほとんどです。

たとえば、ポイント還元率が1%であれば、

たとえばポイント還元率が1%の場合、100万円の利用で1万円分のポイントが付与されます。。

今の時代は、あらゆるシーンでクレジットカード支払いができるので、結構な金額を使うため、案外貯まっていきますよ。

・手元に現金が残る

現金払いをすると、当然のことながら手元から現金がなくなりますよね。

しかし、クレジットカード支払いの場合は支払いを先送りにすることができるので、現金が手元に残ります。

手元にお金があると錯覚してしまうという懸念はありますが、支払日ギリギリまで運用しておくことも可能です。

ボーナス払いなども活用すれば、手元に残しておける期間を更に伸ばすこともできます。

・ショッピング保険が適用される

ショッピング保険が付帯したクレジットカードに限ったメリットにはなりますが、当該クレジットカードで購入した物に対して、保険をかけることができます。

ブランドバッグやカメラなど、高級品を購入した際、すぐに盗難に遭う可能性も考えられますよね。

現金払いの時は盗難品が戻ってくることは、可能性としてはほぼないと考えて良いでしょう。

クレジットカードのショッピング保険が適用できれば、購入金額と同額に近いお金が返ってくることもあります。

なお、これには別途申請が必要になります。

・現金を持ち歩かなくて済む

クレジットカード支払いをメインにしていけば、必要最低限の現金だけを持ち歩けば事足りるようになります。

現金は盗難や紛失の恐れもあり、大金を持ち歩くのは危険です。

クレジットカードは、万が一盗難や紛失の被害に遭った場合でも、盗難補償があるので、リスクを最小限に抑えることができます。

ATMでお金をおろす機会も減り、余計な手数料がかかる心配もなくなります。

クレジットカード支払いのデメリット

クレジットカード支払いは、便利な反面デメリットもあります。

代表的なデメリットについてご紹介していきます。

何事においても、メリットとデメリットがあるのは当然ですので、それらを把握した上で上手に活用していくことが大切です。

・無駄遣いしやすい

クレジットカード支払いをすると、手元には現金が残るので、お金がなくなっているという感覚が麻痺してしまいます。

支払いを先送りにしているだけなのですが、手元のお金がなくても買物ができてしまうので、つい無駄遣いをしてしまうということもあるでしょう。

今現在の利用額と預金残高を確認したり、クレジットカード支払いは固定費のみにしたりと、自分で管理しやすい方法を取り入れれば大丈夫です。

・年会費がかかる種類もある

ポイント目当てで入会したクレジットカードや何となく持ってしまっているクレジットカードなどに、年会費がかかるということもあります。

年会費以上の恩恵を受けられれば良いのですが、無駄に支払っていないか、確認が必要です。

・リボ払い・分割払いには手数料がかかる

急な出費などがあっても、リボ払いや分割払いを活用できれば、手元にお金がなくても支払いが可能です。

2回払いの場合は手数料がかかりませんが、それ以外の支払い方法を選択する際は注意が必要です。

便利で使い過ぎてしまうクレジットカードですが、一歩間違うと多重債務者に陥る可能性もあります。

手元にお金がない場合はクレジットカード支払いをしない、使う場合は一括払いのみにするなど徹底しておけば大丈夫です。

楽天で買い物するなら楽天カードがおすすめ!

楽天ユーザーの方であれば、楽天市場の買物は楽天カードで支払うのがおすすめです。

楽天カードには、年会費無料のものから、有料のものまで幅広いラインナップがあります。

有料のカードをご紹介すると、楽天ブラックカードが32400円、楽天プレミアムカードが10800円、楽天ゴールドカードが2160円です。

それなにり年会費のかかるカードについては、メリットも様々ですが、メリットを最大限に活用できなさそうであれば、無料のカードでも十分ですよ。

空港ラウンジは使えませんが、ポイント還元率は1%。

楽天独自のポイントプログラムである、楽天スーパーポイントアッププログラムの還元率は3%です。

このポイントプログラムは、SPUと呼ばれているのですが、これを最大限に活用すると楽天市場での買物が一気にお得になります。

たかが数%と思われるかもしれませんが、SPUを活用できるかどうかが楽天カードをお得に使えるかどうかのポイントと言えます。

上手にクレジットカードを利用して節約しよう!

クレジットカードを使い慣れない方は尚更かもしれませんが、クレジットカードを活用して節約するということに、なかなかピンと来ないでしょう。

しかし、これまでに解説させていただいた通り、ポイントを活用したり、固定費をカード支払いにするなど、ちょっとした工夫で家計にも変化が現れます。

クレジットカードのデメリットを回避しながら、メリットを最大限に活用していきましょう。

コメントを残す