【危険】輪ゴムでペニス・ちんこを縛るのはNG!勃起維持や早漏防止効果を期待しない

にわかには信じがたい話なのですが、勃起状態を維持するためにペニスを輪ゴムで縛っている人がいるようです。

最初は「おいおいマジかよ」と思ったのですが、色々と調べていたらそういうことをする人は実は非常に多いことを知りました。

そもそも安全なのでしょうか?効果はあるのでしょうか?その疑問についてお答えします。

結論を言うと輪ゴムの使用は締めすぎて危険!切断リスクもあり

まず結論から言うと輪ゴムでペニスを縛る行為はめちゃくちゃ危険です。

なぜかというとペニスの血流が極端に悪くなるため、細胞が壊死してしまうリスクがあります。そして一度勃起してしまうと輪ゴムが食い込んでしまい外せない可能性もあります。

元々輪ゴムはそういう用途に作られていませんし、使ってはダメだと思っています。

このように非常に危険な輪ゴムでペニスを縛る行為ですが、一応メリットみたいなものも存在するようです。

非推奨だけど輪ゴムでペニス縛る効果について解説しよう

ここでは完全に非推奨なのですが、輪ゴムでペニスを縛る効果について解説をしていきます。

1.輪ゴムでペニスを縛ると、勃起維持効果は若干あるが射精に違和感が残る

ちなみに、勃起維持にも効果はあります。しかし、縛っていることにより、血管だけではなく尿道も抑え付けているわけですから、射精時にはかなりの違和感がありました。念のためコンドームと一緒に、いざという時に根元を縛るため、髪を束ねるゴムも持ち歩いていますが、結局使ったことは有りません。

出典:Yahoo!知恵袋

このように勃起維持効果は期待できるようです。

ふにゃちん状態の時にペニスの根元を指で締めると、勃起状態を維持しやすい。というのと基本的には同じ理屈です。

ただしこの方法には大きな欠点があり、射精時に違和感があるということです。

まあ確かにそうですよね。精液が通る尿道を強引に縛っている状態なので、射精した際に違和感があるのは当然です。

それに男性は精液が尿道を通過する際に快感を覚えたりするので、単純に気持ちよさも半減でしょう。※ちなみにこの方はヘアバンドで縛っていたようです。

2.輪ゴムで縛ることで早漏防止効果は一応はあるが射精障害のリスク有り

また輪ゴムで縛ることで早漏防止効果も期待できるようです。

これに関しては縛って物理的に射精しなくする理屈ですね。確かに射精しなくはなるでしょう。一見良さそうに重いかもしれません。

しかしこの方法にも、逆行性射精という射精障害になるリスクがあります。

逆行性射精とは精液が逆流して、膀胱の方に精液が流れてしまう現象です。どうせ戻るなら玉の方に戻ってほしいのですが困ったことに膀胱の方に行ってしまうことがあります。

こうなってしまうと不妊の原因になったりします。

ぶっちゃけ輪ゴムならコックリングの方がまだ安全ですよ

まあこれらのリスクを加味すると、輪ゴムよりもコックリングの方が安全です。

コックリングは輪ゴムとは違い、最初から勃起維持や早漏防止のために開発されたグッズだからです。だからこちらにすべきです。

また外しやすい設計になっていたり、バイブがついている高性能なコックリングもあります。

輪ゴムのペニス切断リスクを加味すると、普通にこっちを使用したほうが全然いいです。

ただしこのコックリングにもリスクがあり、20~30分以上の使用は禁止です。つまり長時間での挿入は楽しめないということです。

またゴムと一緒に付ける必要があるため、挿入時に女性が萎えてしまう可能性があるのもリスクですね。

個人的には勃起力向上なら輪ゴムやコックリングよりも絶対に精力剤

こういう理由から、勃起力を向上させるなら輪ゴムやコックリングより精力剤を推奨します。

輪ゴムは完全否定していますが、コックリングはそれなりにありだと思います。ただ長時間の使用が出来ないリスクを加味すると、セックスを楽しむなら絶対精力剤です。

セックスするうえで開放感って凄く大事だと思うので、極力使いたくないですね。

精力剤を使用すればギンギンに勃起できますし、中折れもしづらいにも魅力です。性欲や感度アップ効果なども期待できますよ。

【2019年】精力剤+性力増強剤サプリメントおすすめランキング!効果と口コミ比較

早漏防止に関しての別の対策を検討したほうが良い

また早漏防止に関しても別の対策を検討したほうが良いです。以下に具体的な対策をまとめました。

①早漏防止トレーニング ローリング愛撫法、指絞り愛撫法、亀頭エッジ愛撫法など様々な方法で亀頭を鍛えたりするトレーニング。射精を司るPC筋トレーニングもおすすめ。
②早漏防止スプレー 局部麻酔成分のある早漏防止スプレーを吹きかけて感度を鈍くする。ただパートナーも鈍くなってしまうリスク有り。
③早漏防止クリーム 早漏防止クリームを塗って早漏を防止する方法。医薬品のトノスなどは有名。
④早漏防止薬 早漏防止薬を服用するという方法。ポゼットなどが有名。早漏防止薬と勃起薬の両方の効果を持つスーパーカマグラなどもあり
➄早漏用コンドーム 早漏防止用のコンドームの使用。ゴムを厚くして刺激を弱くするタイプと、先端に麻酔成分が塗布しているタイプがある。
⑥リラックスする 射精は興奮状態、勃起はリラックス状態で起こります。だからリラックス状態を維持すると射精しづらいです。
⑦早漏改善手術 ペニスにヒアルロン酸やコラーゲンを注射して、刺激に強くして射精しづらくする方法です。ただし数年しか効果は持ちません。
⑧体位を工夫 射精しづらい体位を試してみましょう。対面座位、背面側位、寝バックは射精しづらい部位です。

このように様々な対策があります。勃起力向上と早漏防止なら、医薬品のスーパーカマグラを試す方法もあります。自分は飲んだ後に気持ち悪くなったのがトラウマですがw

個人的にはリラックスするのと、体位を工夫するのはかなりの効果を実感できました。

男性は交感神経が優位になっている時(興奮時)に射精するので、いかに興奮しないようにするかが大事です。

AV男優さんが終始無言なのに、射精するときになった途端にハアハア興奮したりしますよね?

あれは脳内で射精しづらい副交感神経神経が優位になっている状態(リラックス状態)から、射精しやすい交感神経が優位になる状態(興奮状態)に切り替えているからです。

この理屈を知っているだけで、かなり射精はしづらくなります。

とりあえず輪ゴムはマジで危険だから止めておこう

まとめると輪ゴムはマジで危険だから止めておこう!ということです。

勃起力を維持される意味でもダメだし、早漏防止という観点でもダメです。そしてなによりペニス切断リスクがあるのが致命的です。

単純な勃起力の向上ならやっぱり精力剤がいいです。

その方が自然だし、試す価値は大いにあると思います。ちなみにおすすめの精力剤に関しては、以下の記事をご覧ください。コンビニの精力剤より断然効きますよ。

【2019年】精力剤+性力増強剤サプリメントおすすめランキング!効果と口コミ比較

コメントを残す