fbpx

無駄な買い物はしない!食費を節約するコツ10選

家計を見直すポイントになるのは、一番は食費です。家賃などの固定費はすぐに見直すことが難しいので、結果が分かりやすい食費の節約から始めるのが良いでしょう。

今回は、食費を節約するコツについてまとめてみました。無理をすることなく、少しずつ始めることで余裕が生まれるはずです。

コツを掴んで続けることで、無理なく節約を実践できますよ。

普段の生活で一番簡単に削れるのは『食費』

何らかの手続きが必要だったり、引っ越しをしなければならなかったりする固定費とは違って、食費は一番簡単に削っていくことができます。

食費をいつもより少しでも削ることができると、達成感が生まれます。

特に家計を気にせずに食材を買っていると、毎月結構な金額を使っているものです。

工夫次第で節約ができるので、食費の見直しはとても大切と言えるでしょう。

食費の節約のコツ・節約方法

今まであまり気にしていなかった食費を、いきなり厳しく管理していくのはNG。

無理をしないということが大前提となります。

無理をすると、後々反動で買物をしてしまう可能性もあるので、徐々に減らしていくようにしましょう。

食費の節約のコツや節約方法についてご紹介します。これらの全てを実践する必要はありません。

できることから始めて、できないことはスッパリと切り捨ててみてください。

1.基本中の基本は自炊すること!

言うまでもありませんが、外食は食費の節約の一番の妨げになります。

節約の基本は、自炊です。

できればお惣菜を買うのもなるべくやめましょう。おかずやお弁当を買って食べるのも、手軽ではありますが、割高にはなってしまいます。

時々なら取り入れても大きな支障はありませんが、日常的に続けると節約は難しくなってしまうでしょう。

2.食べる量を減らす

たとえば、1日3食なのではなく、2食に減らしてみるというのも有効な方法です。

お腹が空いているのに習慣で食べていたりしないでしょうか?

また、1日3回のペースは崩さずに1回の量を減らしてみるのも良いでしょう。

3.肉を減らす

肉がメインになっているメニューは、やはりコストが高くなりがちです。一番高いのは牛肉ですよね。

安く売られている鶏むね肉や挽肉、豚小間肉などをフル活用するだけでも、食費が劇的に変わります。

4.お菓子や嗜好品を減らす

お菓子や嗜好品は、制限を厳しくするとストレスになってしまいます。

しかし、完全除去ではなく頻度を減らすだけでも家計に変化が見られるはずです。

「コンビニには寄らないようにする」、「新商品をチェックしない」など、達成できそうな目標を立ててみてはいかがでしょうか?

5.基本的にまとめ買いする

スーパーに行くと、予定していなかった物を買ってしまいますよね。これを避けるのはなかなか難しいことですし、ストレスを感じ始める原因にもなりかねません。

食費を節約するためには、スーパーに行く回数自体を減らすことが有効です。

まとめ買いをするようになれば、食材がなくなって困るという事態も避けられますし、回数が減ることによるストレスも感じにくいでしょう。

6.数日分の献立を先に考える

食材を買う時、安いからと言って色々を買ってしまうと、結局材料が足りなくて買い足しが必要になることがありますよね。

そうではなく、たとえば1週間分の献立を先に決めておけば、必要な食材だけを買う習慣が身に付きます。

1週間分の予算を決めておくと、それをクリアできた時に達成感もあります。

7.プライベートブランドを活用する

普段、買物をするスーパーにプライベートブランドがあれば、それをメインに購入するようにしましょう。

イオンの「トップバリュ」などのことです。

自社開発製品は、様々なコストがカットされているので、安く提供されています。

素材に粗悪な物を使ってコストダウンさせている訳ではないので、品質も信頼できます。

8.特売品に惑わされない

節約を意識すると、特売品に目が行くようになる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、それは大きな落とし穴なんです。

安いからと言って衝動買いしてしまうと、必要のない物まで買ってしまいます。

買物は計画的に行ないましょう。

9.冷凍保存する

余ってしまった肉や魚、野菜などは冷凍保存できる物が多いので、傷んでしまう前に冷凍してしまいましょう。

下処理を済ませて冷凍しておくと、素材が長持ちします。調理も楽になるので、時間の節約にもなりますよ。

こういうちょっとした手間をかけることも、節約を意識する上では重要です。

10.冷蔵庫の中身を把握する

冷蔵庫の中に何が入っているのかを常に把握できれば、無駄な買物がなくなります。

また、賞味期限まで把握できれば、忘れてしまって腐らすということもなくなり、結果的に節約に繋がりますよ。

保存の際に日付を記入しておいたり、冷蔵庫にホワイトボードを貼って見える化しておくと、頭にも入ってきやすくなります。

無理はしないでストレスも溜めない節約をしましょう

自分を追い込んで節約に走る方もいらっしゃいますが、そんなことをしても長続きはしません。

節約は無理をしないことが一番大事です。

できることを実践して目標を達成していくと、ストレスを感じることなく節約ができるようになります。

食費の節約は結果が出やすいので、是非できることから始めてみてください。

コメントを残す