fbpx

お金が貯まらない!貯金ができない人の特徴と貯蓄を増やす方法

一生懸命働いているのになかなかお金が貯まらないやそれなりに給料は貰っているはずなのに貯金ができない人というのは、想像以上にたくさんいます。

逆に、高収入という訳ではないのにしっかりと貯蓄ができている人がたくさんいるのも事実です。

お金が貯められない人には、共通した特徴があります。

今回は、その特徴と共に貯蓄を増やす方法についてもご紹介していきます。

将来のお金のことに不安がある方や貯金ができない方は、参考にしていただけると幸いです。

貯金ができない人の5つの特徴

貯金ができない人には、共通の特徴が見えてきました。

以下、代表的な5つを挙げています。

心当たりのある方は、要注意ですよ。

頻繁にコンビニに行く

コンビニに行くことが習慣になっている人は、散財しがちです。

コンビニで売られている物の単価はたかが知れていると思われるかもしれません。

しかし、塵も積もれば山となるというのはまさにこのこと。

頻繁に通うと知らず知らずのうちに、年間にして数万円から数十万円の出費をしていることもあるので、侮れません。

毎月いくら使ったか把握していない

家計簿をつける習慣がなかったり、何でもクレジットカード払いにしていて結局いくら使ったのかが把握できない方は危険です。

お金を貯めるためには、まず自分が毎月いくらくらい使っているのかを把握する必要があります。

把握できないということは、どの費目か使い過ぎてしまったのかなどが把握できないので、出費を気を付けることもしなくなります。

クーポンやポイントに惑わされる

たとえば飲食店などで、次回来店時に使えるクーポンを渡されることがありますよね。

もちろん使用期限付きです。

使ってしまわないと損をしてしまうような錯覚にとらわれ、無理に再来店するような習慣があるとNGです。

また、スタンプカードのポイント2倍デーに余計な買物をしてしまったり、そもそも用事はないのにポイントが付くからと足を運んでいると、余計な買物をして無駄遣いをしてしまいます。

付き合いの飲み会が多い

他人との交流を持つことも大切ですが、飲み会はお金がかかることから避けられません。

歓送迎会や同窓会など、何かの目的があって、頻繁でなければさほど問題ではありません。

残業帰りに何となく同僚と飲みに行く習慣があったり、誘われたら断れずに週の半分以上を飲み会に費やすのはお金が貯まらない要因になってしまいます。

時には断ることも必要ですし、ランチで済ませられる用事ならそうする方が経済的です。

何となく続けてしまっていることをやめられない

子供が嫌がっているのに習い事をさせたり、効果がハッキリとは実感できていないのにサプリメントを飲んだり、エステやネイルサロンなどに通っていたと、習慣になってしまっていることは誰にでも心当たりがあるでしょう。

今辞めてしまったら勿体ないと考えるのではなく、辞める時はスパッと辞められる決断力も、時には必要になってきます。

貯金をするために心がけること

貯金をするためには、いくつかの心得が必要になります。

どれも実践して欲しい内容なので、今日から是非取り入れてみてください!

無理はしない

今までできていなかった貯金を、いきなり今日からと言われても実行に移すのは困難です。

無理しないと貯金ができないという考えは捨てて、無理をしない範囲で少しずつ貯めるように意識しましょう。

無理をしてしまうとストレスが溜まり、別の問題が生じます。

また、そもそも続かなくなってしまうので続けられる範囲で頑張るようにしてください。

本当に必要なものなのか考える

日常生活において、支払いをするシーンは多くあります。

日用品や洋服、化粧品、娯楽費など、それは本当に必要な出費なのか、支払う前にもう一度冷静になって考えてみてください。

セール品で安かったから、みんなが持っているからといった理由であれば、それは本当に必要な物とは言えません。

身の丈に合った生活をする

ちょっとお菓子をやめたり、交通費を節約したりということも大事ですが、小銭を削ったところで大きな変化はありません。

自分の収支を把握した上で、無理のない生活レベルを心がけることが大切です。

見栄や欲望のままにお金を使っていては、いつまで経っても貯金はできません。

お金を貯める方法・コツとは

お金を貯めたいと意識し始めても、具体的に何をして良いのか迷うところもあるかと思います。

手軽に始められる方法についてご紹介していきますが、あくまでも無理はしない程度に実践してみてください。

スマートフォンのプランを見直す・格安スマホに変更する

出費の中でも少なくない金額を占めているのが、毎月の携帯代です。

必要のないオプションを追加していたり、お得な気がして高いプランに加入したりしていませんか?

携帯代の見直しをきっかけに格安スマホに変更するのもアリですよ。

一気に携帯代が安くなります。

ミニマムな暮らしを心がける

家の中が不用品であふれていると、どこに何があるのか、自分が何を持っているのかが把握できなくなってしまいます。

無駄な買物を避けることができるだけではなく、せっかく綺麗にした部屋に物を増やさないようにしようという意識が芽生えるので、必要最低の暮らしをすると自然と出費も減っていきます。

貯金額を設定する

何事においても同じことが言えますが、目標を立てるようにしましょう。

それが達成できれば自信にも繋がります。

口座にあるお金を使ってしまいがちな方は、自動積立型の定期預金を活用してみても良いかと思います。

家計簿をつける

一円単位で細かくつける必要はありません。

どの費目にどれくらい使ったのかが見えれば、おおよそで大丈夫です。

毎月つけることで、使い過ぎにも気付けるので、浪費を回避することができます。

手軽に始められる費目から節約を心がける

一番手軽に節約ができるのは、食費でしょう。

工夫次第で結果が出るので、ゲームをしているような感覚で節約ができます。

外食を避けたり、カフェに行くのをやめたりというのも一つの方法ではありますが、毎日の食事を工夫するのがおすすめです。

たとえば、お肉たっぷりのハンバーグを作るのではなく、豆腐でカサ増しをしたり、季節の野菜を取り入れてお肉やお魚と調理してボリュームアップさせるのも良いですよ。

老後に3,000万円貯めたいならまずは収支の見直しを

貯金は決して辛いものではありません。

貯金イコール我慢というイメージを持たれている方も多いかもしれませんが、コツをつかめば無理なくコツコツ貯めることはできるはずです。

老後の必要資金についても問題視されていますが、なるべく若いうちから意識するに越したことないですよね。

収入が少ないから貯金ができないのではなく、収支のバランスを考えて見直せば目標金額達成も夢ではありません。

危機感を持ちつつも、無理はしない範囲で貯金を意識してみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す