クソ物件オブザイヤー2018エントリー開始!平成最後の衝撃投稿を見よ

クソ物件オブザイヤー2018-1

画像出典:https://www.kusobukken.com/

今年も始まりました、クソ物件オブザイヤー2018

2014年の開始以来、密かな人気を誇るショーレースです(笑)

クソ物件オブザイヤーとは

  • オリティを極限まで高めようとする姿勢
  • 忖度(ンタク)せずに真実を追求する力
  • 物件の社会的インパクト

日本を代表する「社会的インパクトある物件」を公募・表彰し、ソーシャルイノベーションを狙ったもの。

決してあなたの想像するような「クソ物件」ではない・・・ハズ?(笑)

平成最後の最優秀作品は、どの投稿が選ばれるのでしょうか?

11月14日からエントリーが開始された「クソ物件オブザイヤー2018」の、衝撃投稿を調べてみました。

エントリー条件は【Twitterでグリップ君がリツイート】

クソ物件オブザイヤー2018-2

画像出典:https://www.kusobukken.com/

クソ物件オブザイヤー2018のエントリー条件は「Twitterでグリップ君がリツイート」すること。

あなたが見つけたクソ物件の魅力を、1ツイートに込め「#クソ物件オブザイヤー2018」のハッシュタグをつけてtwitterに投稿します。

クソ物件オブザイヤーの公式キャラクター「グリップ君」(@kusobukken2018)がリツイートすれば、エントリー完了ですよ。

それではクソ物件オブザイヤー2018、秀逸なエントリー作品を見ていきましょう(笑)

zozo前澤社長が私財を投げたアート作品「LOVE」

前澤社長の写真が並べられている辺り、小ささの比較というかなんというか爆笑してしまいました(笑)

ちなみにZOZO社長である前澤友作さんの身長は162㎝。

話題の彼女・剛力彩芽さんも162㎝ということで・・・小さいですね(笑)

メッシュシートで日本一分かりやすい住居表示の意匠を引き継ぐ

「日本一見やすい住居表示」として親しまれてきたビル。

ビルの用途は変わりましたが「メッシュシートでビルを覆う」という個所だけは引き継がれているようです(笑)

話題の「うさぎ観音」もエントリー!

佐渡の長谷寺に建てられた、今話題の「うさぎ観音」もめでたくエントリー!

「ウサギに感謝を・・・」の想いで建設されたそうですが、夜になると光る「赤い目」がちょっと不気味ですよね。

立案当初は目をレーザー光線にする予定でしたが、大人の事情で却下されたそうです(笑)

ド根性ケバブ

 

家事を免れ一件だけポツンと残った、狭小住宅で営業しているケバブ屋さん。

一件だけ残るなんて凄く幸運なこと、ここのケバブ食べたら受験や資格に合格しそうですね(笑)

事故・渋滞の温床になりかねない「小池交差点」

三車線が二車線につながるなんて・・・危ないったらありゃしない!

これでは事故や渋滞の温床になってしまいますね(-_-;)

小さすぎるミニストップ・・・

お客様の希望でオープンされた「日本一小さな南阿佐ヶ谷店・ミニストップ」の投稿。

この小ささは無人コンビニレベル、一体どんな商品を置いているんでしょうか・・・(笑)

やっぱり今すぐ欲しい、食料品がメインなんでしょうね。

なんか不気味・・・サテライトオフィス

こんな小さな場所に引きこもって仕事なんて、ちょっと精神がおかしくなってしまいそうな感じ(笑)

でもガツンと集中したいときにはいいかも知れませんね。

朝はシャキッとしていた人が、夜にすごくお疲れ顔で出てきそうなオフィスです(笑)

クソ物件オブザイヤー2018・エントリー期間は11/14~11/19まで!

クソ物件オブザイヤー2018-3

画像出典:https://www.kusobukken.com/

なにかと面白い投稿が並ぶ「クソ物件オブザイヤー2018」のエントリー期間は

  • 2018年11月14日7時30分~11月19日13時

最優秀作品は「リツイートとファボが一定数を超えた投稿」と「全宅ツイ会員の他薦を得た投稿」から、選りすぐりの30前後の作品を最終ノミネート。

11月30日(金)に行う「一般投票」にて、最優秀作品を決定する予定ですよ。

最優秀作品賞の発表と授賞式は2018年12月12日に東京全宅ツイ会館で行われます。

詳しいエントリールールはクソ物件オブザイヤー2018公式サイトにて、確認してくださいね!

クソ物件オブザイヤー2018~まとめ~

公式キャラクター・グリップ君をTwitterでフォローすると、リアルタイムで投稿されたエントリーをたくさん見ることが出来ますよ。(@kusobukken2018)

クソ物件オブザイヤー2018公式サイトでは、過去に優秀賞を獲得した、歴代のクソ物件も!(笑)

文字だけのエントリーも多いのですが、やっぱり写真付きの投稿が見ていて面白いですよね。

あなたの知ってるクソ物件も、クソ物件オブザイヤー2018にエントリーしてみてはどうでしょうか?

コメントを残す