fbpx

【通信制高校の校則】メイクしたり髪を染めることはできる?

通信制高校は校則が厳しくないというイメージがあります。どこまで厳しくないのでしょうか。制服、髪型やメイク、ピアスや装飾品、スマホ持ち込みについてまとめました。学校によって違いますので、詳しくは必ず行きたい高校の資料を参考にしてくださいね。

通信制高校の校則:制服

制服はあるところとないところがあります。あるところでは、毎回の着用を義務付けられているところと、式典やスクーリングなどの機会にだけ着ればよく、他は私服でもOKというところがあります。

毎回の着用が校則化されているところは少なく、自由なもので大丈夫と言われているところがほとんどです。制服も自由な組み合わせができるタイプのものだったり、「なんちゃって制服」と呼ばれる、女子に多い自前制服でも大丈夫というものがあります。

自由度が多いからか、とてもおしゃれな子が多いのも通信制高校の特徴かもしれません。ファッショうコース、演劇コースなどのコースもたくさんありますので、おしゃれに敏感な子が通う学校では制服自由というケースが多いように感じます。

制服が決められていても、その制服を自由にアレンジすることが認められていたりするため、おしゃれ好きな生徒には本領発揮の場です。おしゃれそのものにはあまり興味がなくても、制服は学校に通う楽しみになるようにという配慮がある学校が多いようです。

働いている生徒はアルバイト先からそのまま登校したり、学校が終わるとすぐにアルバイトに行ったりするので、生徒のアルバイトを奨励しているところでは制服は自由、というところが多いように感じます。

通信制高校の校則:髪型やメイク

髪型やメイクも自由という学校がほとんどです。大人っぽい生徒が多い学校では、通信制高校なのか専門学校なのか生徒を見ただけではわからないところもあったりします。

式典やスクーリングの時にだけ着ればよい、というタイプの学校では、普段の格好はどうでもよいのですが制服を着るときは黒髪、ピアスも禁止というところが多いようです。

通信制高校の校則:ピアスや装飾品

ピアスやアクセサリーなどの装飾品も自由なところがほとんどです。ただし、入学式や卒業式、スクーリングなどの決まった日にはピアスや装飾品はNGというところもあります。校則は緩いけれど、社会に出たときのことを考えてけじめをつけるところは付ける、という考え方のところが多いようです。

ピアスの穴の数が校則で決められているところもあるようですが、ほとんどの通信制高校にはそうした意味での自由を妨げる校則はありません。ピアスを自分で開けたりするのは事故につながることもあるため、養護教諭に相談して最寄りの良い医者を教えてもらうことを奨励する雰囲気のある学校もあります。

通信制高校の校則:スマホ持ち込み

スマホの持ち込みはほとんどのところが許可されています。が、生徒同士のトラブルを防ぐためにLINE等のグループの作成を禁止したりしている学校もあります。

授業中はスマホでの通話や着信音は禁止されているところが多いです。ただし、板書をスマホで写メしたりすることは許可されています。スクーリングでは、教科によってはスマホの使用を禁止、机の上には一切出してはいけないと決められている教科もあります。数学などがそうですが、スマホや携帯電話には計算機機能がついていますので、それを使わないようにするためです。

もちろん、試験中はスマホは持ち込み不可、あるいは担任に預ける等の縛りがあるところはあります。

お酒やたばこは?

20歳を過ぎていればとやかく言われることはありません。ただし、校内での喫煙はNGになっているところがほとんどです。校舎の外の喫煙スペースか、学校にいる間はがまんしなさいというところが多いようです。喫煙自体は禁止されているわけではなく、私が勤務していた通信制高校でも教員と生徒が連れ立って一服しに行く様子を時折見かけました。飲酒はもちろん、学校内では許可されていません。

文化祭などの行事の時には喫煙も飲酒も許可されない学校ばかりになります。学外から中学生等も来るため、いらない誤解を招かないようにするためです。家でたしなむくらいは大丈夫です。また、同級生で飲み屋に行くなどは禁止されています。圧倒的に未成年が多いので、その人たちにお酒やたばこを強要することはいけません。

スクーリングの際の喫煙は、スクーリング会場自体が喫煙不可の場合はすることができません。また、学校によってはスクーリング会場での喫煙自体が禁止されていることもあります。制服を着ている間は喫煙をしてはいけないと決められているところもあります。

通信制高校に通っている時は、20歳を過ぎていても「高校生」です。高校生に飲酒や喫煙はふさわしくありません。吸うこと、飲むことについては20歳を過ぎていれば問題ありませんが、周りの未成年を巻き込まないようにくれぐれも気をつけましょう。

コメントを残す