fbpx

中卒が高校卒業資格を得るには?

中卒だけど就職のために高校卒業資格が欲しい!と考えている人のために、高校卒業資格を取るにはどのような方法があるのかをまとめました。

最終学歴別高校卒業の方法

最終学歴は高校でいいのか、大学や短大にしたいのかによって若干異なります。何が違ってくるかというと、行きたいステップへ行く期間の短さです。

高校

通信制高校・定時制高校に通って卒業すれば、高卒資格は得られます。通信制高校・定時制高校とも、卒業すれば履歴書に「高卒」と書くことができます。通信制高校は最短3年、定時制高校は平均4年で卒業できます。定時制高校は通常4年でしたが、私立高校の昼間部などは3年で卒業できるようにカリキュラムが組まれているところも出始めているようです。

もちろん全ての中卒者は、高校で単位を取ったことがない人のみ全日制高校への新入学が可能です。この場合は他の中学3年生と一緒に高校受験をして合格することが必要になります。

全日制高校はほとんどが中学の新卒で入学するため、年齢が開いているとちょっと居づらいということもあるかもしれません。また、部活でも高校の大会に出場するには年齢制限がある競技もあるため、みんなが出られる試合に出られないということも起きることがあります。浮いてしまいがちなので、なかなか中学卒業後数年たって全日制高校へ新入学するという例はないようです。

大学・短大

上記の方法のほかに、高卒認定資格を受けて合格すれば、最短半年で大学・短大への進学資格が得られます。高卒認定資格は「高卒」にはなりませんので注意してください。高卒認定資格は半年に一度試験がありますので、最短半年で大学受験資格を得られますが、大学や短大、専門学校など上位学校へ進学しない場合は履歴書に書ける学歴は「中卒」ですのでご注意ください。

もちろん、進学すれば「大卒」「短大卒」「専門学校卒」など履歴書に書けます。

高卒認定資格の最短取得は半年、平均的には1年(2回の試験)で合格する人が多いようです。勉強を始めてから短期大学・専門学校卒の学歴を得るまでは最短2年半、大学の場合は最短4年半しかかかりません。上位学校を最終学歴にしたい方には向いている資格試験です。

通信制高校や定時制高校を卒業し、大学や短大を受験するというのも方法の一つです。通信制高校や定時制の3年制を卒業して短大や専門学校卒になるまでには最短で5年、大学卒になるためには最短で7年かかります。

決まっていない

将来どのようになりたいかが決まっていないなら、とりあえず通信制高校の通学コースなどに通い、仲間たちや先生など、情報をくれる人がいる環境に入ることをおすすめします。仲間の考え方、先生の指導などを通して広い世界を知ることができるでしょう。

また、いろいろな体験をしてゆっくり考えたい人には通信制高校の中の通信コースが向いています。学校に通う日数が少なくて済むので、その時間でいろいろなことを体験し、今後の将来に生かすことができるでしょう。そのうえで就職したいと思ったらあらかじめ高校生の時からその職場でアルバイトをしておくとか、通学コースに切り替えて「毎日学校に通える自分」をアピールする準備などをしておくとよいかと思います。

就職には年齢が関係する?

大企業への就職を狙う場合は関係します。特に女性の場合は若いほうが良いといっても過言ではありません。男性も新卒採用なら若いほうが重宝されます。あまり年齢が行き過ぎると、他の会社で経験を経ている中途採用者と一緒の土俵で就職試験を受けなければなりません。社会経験がないまま年を重ねてしまうと、そういうところでも不利になります。

中小企業ならばまだ大企業に比べて年齢は緩いようですが、高いお給料を出せないところが多いので、その分若い人を欲しがるところもあります。

なので、行きたいところに比べて最短の期間で行けるところを目指したほうが良いのではないかと思います。もちろん、アルバイトには年齢はあまり関係ありませんので、フリーターになりたいというなら何歳から始めても大丈夫だと思います。

ですが、将来的にちゃんと就職したいというなら大卒を目指して最短の4年半で進むことをおすすめします。大学入試は難しいという考え方もあると思いますが、大学にも通信課程を設けている大学がたくさんあります。NHK大学などは有名ですが、日本大学や慶応大学のような大学にも通信教育課程があることはご存知でしょうか。普通に大学に通うよりも安くすみ、仕事をしている人にはうってつけです。

通信課程から通常課程への大学3年生からの編入も受け入れているところがありますので、最終学歴が有名大学卒になれることもあります。国公立の大学で通信制過程を設けているところはありませんが、私立大学で35校、大学院は17校、短期大学は9校あります。

高卒資格はなぜ大事?

高卒と中卒で一番大きな違いは、企業に欲しがられている労働力としての差です。もちろん、中卒でも以下の職は就くことができます。

  • 警察官
  • 自衛官
  • 消防官
  • 警備
  • ホールスタッフ(ホテルレストランの接客など)
  • 料理人
  • 販売員
  • スーパーのレジ打ち
  • とび職
  • 大工
  • 介護職員
  • トラック、タクシーやバスなどの運転手(運転免許を取得するには年齢制限があるため、中学を卒業してすぐに運転手になるのは無理です)
  • 水商売
  • エステティシャンなど
  • 整体師(資格が必要)

ですが、これらを見ても分かるように、専門職が多く、業種によってはさらに学校へ通うことが必要になる職種もあります。

腕一本で食べていく職業が多いため、自分のスキルや技能によってお給料が変わっていくものでもあります。体が資本の仕事が多いため、体を壊すと続けられないこともあります。

水商売のように年齢的にきつくなることがある職種だとなかなか一生の仕事とするには難しい側面があります。高卒資格があるとこれ以外の職種にも就職できる幅が広がります。自分の幅を広げるためにも、高卒資格を取ることをぜひ検討してみてください。

コメントを残す