fbpx

中卒でも行ける大学はある?受験勉強はどうする?

中卒で行ける大学はありませんが、中卒でも大学を受験できる方法はあります。中卒で大学受験資格を得て大学に行った有名人も紹介します。

中卒で大学に行く方法

中卒でも大学に行く方法は2つあります。1つは、通信制高校や定時制高校に通い、高卒資格を得て大学入試を受けること。もう1つは、高卒認定試験に合格して大学入試を受けることです。

通信制高校や定時制高校で高卒資格を取るのには既定の年数がかかりますが、高卒認定試験は受かってしまえば大学入学資格を得られるので、最短1年半ほどで大学入学ができることが強みになっています。時間のない人や、高校に行かないで何となく過ごしてしまったけれど、中学の頃の同級生と一緒に大学に行きたいという人にはぴったりの方法です。

では、この高認試験を合格して大学に行った有名人をご紹介します。

西原理恵子

「毎日かあさん」「まあじゃん放浪記」などの著書が有名な漫画家、西原理恵子さんは高卒認定試験の前身、大検時代に大検を受けて大学に進みました。

高校時代に飲酒により退学、その後大検を受けて武蔵野美術大学に進み、在学中からイラストの仕事を始めて現在に至ります。

武蔵野美術大学は美大の名門校。数々の画家やイラストレーター、漫画家を輩出している大学です。美術大学に入学するには、通常の学科試験だけでなくデッサンや課題などの美術の試験に合格しなければなりません。そのため、美大の受験生は美大受験専門予備校に通って技術を磨くのが普通です。

西原さんも大検を取る傍ら、予備校に通ってデッサンの勉強をし、見事武蔵野美術大学に合格しました。武蔵野美術大学出身の有名人としては、リリー・フランキー、村上龍、みうらじゅん、辛酸なめ子さんたちがいます。

紺野あさ美

元モーニング娘の紺野あさ美さんは、芸能活動が忙しすぎたため高校へ通っていません。学業も大事にしたいということでモーニング娘を卒業して高卒認定試験を受けます。高卒認定試験の合格後はAO入試で慶応大学に合格し、慶応大学卒業後はテレビ東京のアナウンサーとして活躍しています。

AO入試とは、大学の求める人物像を学力関係なく広く求めるもので、大学の求める人物像と合致していればひとつ秀でたものを評価してくれて合否が決まる、という入試方法です。俗に「一芸入試」といわれ、芸能人やアスリートがこの方法で有名大学に多く入学しています。

現在ではAO入試の幅が広がったことで一般の応募者も増えたため、TOEICの点数や高校の内申(高認試験の点数も内申として換算できる基準があります)で足切りラインを設けている大学も増えてきているようです。

山田ルイ53世

「ルネサーンス!」で有名になった山田ルイ53世さんは、中学時代に引きこもりになり、高校進学をあきらめています。高卒認定を取って愛媛大学の夜間コースに合格し、大学時代に芸人を志すようになって現在に至ります。

愛媛大学は愛媛県にある国立大学で、入試には5教科6科目(学部によっては5教科7科目)が必要です。2016年に学部の再編成が行われたので、山田さんが入学した当初の学部とは現在は違うかもしれません。現在は総合政策学部と人文学部に夜間コースが設置されています。

このほかにも、高卒認定資格に合格しただけなら関ジャニ∞の大倉忠義さん、横山裕さんが有名です。この2人は大学に行きたいから高認試験を受けたのではなく、番組の企画で高卒認定資格に合格しました。この番組は高認試験が広く知られるようになったきっかけとなったようです。

この時、大倉忠義さん、横山裕さんの取った勉強法は「家庭教師をつける」でした。大倉さんは81時間、横山さんは231時間を2か月で勉強に費やし、高卒認定資格に合格しています。

高認のための家庭教師派遣を行っているTOS家庭教師センターの資料では、高卒認定試験の家庭教師料は、月4回(週1回、1回90分、計6時間)で28,080円。1回120分、月8時間のコースだと37,440円です。単純計算して1時間4,680円ですので、大倉さんの場合は379,080円、横山さんの場合は1,081,080円が合格までにかかった費用ということになります。

受験勉強はどのようにしたらいい?

家庭教師は数ある合格方法の中でも一番お金のかかる方法です。100万を超える金額をぽんと出せる人は少ないのではないでしょうか。

一番安上がりなのは独学です。高認は各種試験と同じく、合格最低点が決まっていますので、過去問を解いてみて合格最低点を超えたら合格します。問題集は1冊2,000円もしませんから、全部の教科をそろえたところで2万円もかかりません。

独学の一番の敵は「わからないとき」とモチベーションの低下です。わからないものをわかるようにするには誰かに習うか、自分で考えなければなりません。自信がない人は高認予備校で苦手な教科だけ取るということもできます。

モチベーションの低下に対抗するには、一緒に頑張る友人や先生が効果的です。高認予備校、あるいはユーキャンなどで格安で取り扱っている通信講座などなら解答の添削やモチベーションアップのための対策もあります。自分の予算と時間、学力に合わせてこうしたものを上手に使い分けて高認試験に合格しましょう。

TOS家庭教師センターの料金表一覧
https://www.tos-kc1.com/course.html

コメントを残す