fbpx

【危険】雑菌が繁殖する不衛生なウォーターサーバーとは?衛生面で宅配水を比較

 あなたはウォーターサーバーはどれも安全だとは思っていませんか?

もしも本気でそう思っているのでしたら、その認識は今すぐ改めたほうが良いです。

実はウォーターサーバーの中には、水道水の基準値に満たない不衛生なものも多く含まれているのです。こちらのページでは、そんな知られざる危険なウォーターサーバーの実態をお伝えしていきたいと思います。

安心できない!ウォーターサーバーは水道水と比較して雑菌だらけの環境だった!?

安全性

実はウォーターサーバー内部は、非常に雑菌が繁殖しやすい環境にあります。具体的には以下のような理由が挙げられます。

理由1.ボトル挿入口から外気や汚れが混入して雑菌が繁殖しやすい

ウォーターサーバーはボトルを交換する際に、雑菌を含んだ外気がサーバー内部に混入してしまいます。

そうなるとサーバー内部の冷水タンクとボトル内の常温水の部分で雑菌が繁殖してしまいます。

理由2.ウォーターサーバーの水はそもそも雑菌が繁殖しやすい

ウォーターサーバーの水は味を損なわないために、カルキなどの殺菌物質が含まれていないため、水道水よりも雑菌が繁殖しやすいのです。

また水によってはミネラル成分が豊富なのでそのミネラルを餌に雑菌が繁殖してしまいます。

理由3.ウォーターサーバー内部は雑菌が繁殖しやすい環境である

ウォーターサーバー内部は基本的にはお手入れは出来ません。ですので汚れもたまり易くとても不衛生な環境なのです。

ですからメーカーによっては定期的にサーバーを全分解してメンテナンスしたり、数年で交換を行っています。

これらの事実から考えると、ウォーターサーバー内部は非常に雑菌が繁殖しやすいと言えます。特に衛生対策が不十分な古いタイプのウォーターサーバーは要注意です。

衛生面で水道水の水質基準を下回るウォーターサーバー

水道水

最近の調査結果でもウォーターサーバーの全体の3割程度は、水道水よりも雑菌が多いため不衛生であることがわかっています。

麻布大学の古畑勝則教授(微生物学)という方がいるのですが、その方が家庭はオフィスで使用中のウォーターサーバー140個を調べたところ、その中の42個のウォーターサーバーが水道水の基準を上回ったとのことです。

ウォーターサーバー内の衛生環境は以前から指摘されていましたが、いよいよもって問題が表面化したといえます。

ウォーターサーバーに求められる安全性は年々厳しくなっている

ウォーターサーバーに求められる安全性というのは年々厳しくなってきています。

東日本大震災時に急速に普及したウォーターサーバーですが、当時は福島第一原発の放射能汚染が問題視されており、とにかく放射能汚染されていない水を利用できればそれでいいという感じでした。

しかし今回の一件でサーバー内部の細菌の増殖が問題視されて、細菌の増殖しにくいサーバーへの需要が高まってきています。

つまりウォーターサーバーならどれも安全という時代は終わりを向かえ、本当に安全なメーカーを消費者が選ぶ時代になってきているのです。

衛生管理が万全な超安全なウォーターサーバーを選ぶためには?

選択する

では本当に安全なウォーターサーバーを選択するためにはどうすればよいのでしょうか?

その点に関してはご安心ください。当サイトつなぐメディアでは3つの観点からウォーターサーバーの安全性を比較しています。

これまでの発生したウォーターサーバーの安全性を脅かした問題を踏まえたうえでも一番安全なウォーターサーバーをご紹介します。詳細は次をご覧下さい。  

安全性の高いウォーターサーバーを選ぶための3つのポイント

本当に安全性が高いウォーターサーバーを選びの3つのポイントについての解説を行います。本当に安全なウォーターサーバー選びの参考にしてください。

1.定期的な検査を行っているか

定期的な水質検査を行っているかはとても重要な要素です。

なぜなら一時的に安全性が証明されたとしても、それが未来永劫続くわけではなからです。ですから定期的に検査を行って安全性を保証しているメーカーを選ぶことが重要です。

そして公式サイトでしっかりと結果を公表しているメーカーを選びましょう。できれば定期的に専門機関で検査を行っているメーカーを選ぶのが一番安全であると言えますね。

2.空気混入しづらい構造(除菌機能)かどうか?

 サーバー内部に空気が混入しづらい構造であるかも大事なポイントです。

サーバー内に空気が混入すると細菌も一緒に混入して増殖してしまいます。ですから空気が混入しない真空パックのウォーターサーバーや、サーバー内の空気を殺菌するメーカーを選ぶと確実です。

特におすめなのがコスモウォーターなどのワンウェイボトルのタイプのメーカーです。空気の混入は少なくおすすめです。

3.クリーニング機能(殺菌機能)が付いているか?

  サーバー内部を殺菌する機能がついているかも重要です。

サーバー内部は非常に細菌が増殖し易い環境になっています。そこでサーバー内部を殺菌・クリーニングする機能がついているかもとても大事な要素です。

このサーバー内部のクリーニング機能は、比較的新しいタイプのウォーターサーバーに内蔵されている機能です。基本的にはお湯による加熱殺菌を行います。

以上の3つが安全性の高いウォーターサーバーを選ぶポイントです。これらのポイントからウォーターサーバーを格付けしました。参考にしてみてください。

衛生面は万全!安全性の高いウォーターサーバーおすすめランキング

1位:コスモウォーター

水質の定期検査 空気の混入 クリーニング機能 オススメ度
二ヶ月に一回結果を公表 混入しづらい 有り(特許技術) ★★★★★

安全性で選ぶならコスモウォーター!2つの特許技術が魅力です。

サーバー内に空気が混入しにくいワンウェイシステムと、混入した空気を殺菌するクリーンエアシステムという特許技術により、非常に高い安全性を実現しています。

常に衛生的でおいしい天然水を家族で楽しみたい方にオススメなメーカーです。迷ったらまずはこのコスモウォーターを選びましょう!

2位:フレシャス

水質の定期検査 空気の混入 クリーニング機能 オススメ度
毎月結果を公表 混入しづらい 有り ★★★★☆

安全性の高さが魅力の女性から人気のメーカーがフレシャスです。

最大の特徴は空気の混入しづらい無菌エアレスパック。空気に混入を抑えて細菌の増殖を防ぎます。またボタン一つでサーバークリーニングを簡単に行えるため常にサーバー内を清潔に保てます。

3位:プレミアムウォーター

snapcrab_noname_2016-10-6_23-0-11_no-00

水質の定期検査 空気の混入 クリーニング機能 オススメ度
1時間に1回、サイトでは毎月公表 混入しづらい 無し ★★★☆☆

水質という意味ではプレミアムウォーターも捨てがたいです。

プレミアムウォーターは水質の検査を1時間に1回行っている、徹底した安全管理が魅力的なウォーターサーバーメーカーです。

空気も混入しづらいワンウェイ方式を採用しており、サーバー内部で雑菌が混入しづらいのが魅力です。天然水の美味しさに定評もあるのでおすすめです。

コスモウォーターは安全性以外にもココが凄い!

コスモウォーターは高い安全性が魅力ですが、一番の魅力は家庭に特化したウォーターサーバーであるという点です。 

  • 世界が認めた富士の天然水がおいしい
  • 床置きボトルだからボトル交換が楽
  • 赤ちゃんのミルクや離乳食にも使用可能
  • 地味にうれしい美容成分バナジウム配合
  • 使用済ボトルは小さく潰せてスペースを取らない

価格は平均よりも少し高めなのが残念ですが、それ以外の水のおいしさや利便性、美容成分、サポートなどがとても高い水準で収まっているのが魅力です。

ちなみに私のイチオシは、サーバーはらく楽スタイルのsmartプラス。水は富士の響きです。悩んだ場合は参考にしてください。

コスモウォーターの魅力は安全性と家庭に密着したサービスです。本当に安心できる便利なサーバーを選ぶなら、コスモでほぼ決まりだと思います。

コメントを残す