fbpx

人気の宅配水ランキング

ウォーターサーバー28社徹底比較!本当におすすめの宅配水ランキング


こちらのページでは、2020年5月現在、あなたに本当におすすめできるウォーターサーバーについてご紹介しています。

ウォーターサーバーを検討するとき、「どうやって比較すればいいのか」「どのメーカーがおすすめなのか」は気になるポイント。

ウォーターサーバーは2~3年契約のところが主流なので、後悔しないためには、価格や水の種類・ボトルの宅配方式など、あらゆる内容を比較検討した上で安心して契約したいですよね。

そこで当ページでは、28社のウォーターサーバーを徹底比較した結果を元に、以下3つの情報をお伝えしています。


どこよりも信頼できる情報を、わかりやすくお伝えしますので、ぜひウォーターサーバーを選ぶ時の参考にしてください。

それではさっそく見ていきましょう。

ウォーターサーバー選びで必須の比較ポイント

ウォーターサーバー契約時の比較ポイントは様々ですが、おすすめは以下の3つの比較ポイントに沿って検討すること。

この比較を「面倒だから」とやらずに契約してしまうと、年間3万円近く損をしてしまうことも…。

軽い気持ちでウォーターサーバーを契約して、のちのち大損しないためにも、以下の比較項目を必ず確認しましょう。

ウォーターサーバー選びに必須の比較項目
  • STEP0.他の水サービスと比較!
    本当にウォーターサーバーを契約すべき?
  • STEP1.水の種類・配送方式を比較!
    ウォーターサーバーの基本比較項目をチェック
  • STEP2.こだわり条件を比較!
    ライフスタイルから重要視する比較条件を決める
  • STEP3.ウォーターサーバーの料金比較!
    条件を満たすウォーターサーバーで最も安いものを選ぶ
※「最後まで読むのが面倒」、「結局どう選べばいいの?」という方は、このページ最後のウォーターサーバーの比較方法まとめをご覧ください。

STEP0.他の飲料水と比較!
本当にウォーターサーバーを契約すべき?

ウォーターサーバーは、水の消費量やあなたの生活環境によってはおすすめできないこともあります。まずは、”あなたが本当にウォーターサーバーを契約すべきか“を比較検討しましょう。

「安心安全でおいしい水を飲みたい」という希望を叶えるのなら、ウォーターサーバーの他にも以下のような方法があります。

  • ペットボトルの水を購入する
  • 浄水器を利用する


  • 以上の選択肢と比較した場合、本当にウォーターサーバーがおすすめといえるのでしょうか。メリット・デメリット、水料金を比較しました。

    メリット デメリット 水料金
    ウォーター
    サーバー
    おいしい冷水・温水がすぐに使える。
    重たい水を買ってくる必要がない。
    ペットボトルや浄水器よりコストがかかる。
    購入ノルマや契約期間がある。
    50円~
    /500ml
    ペットボトルの水 手軽 ゴミがでる、持ち運びが大変 25円~
    /500ml
    浄水器 場所を取らない 定期的な掃除や付け替えが必要。
    温水が使えない。
    水道水の値段に紐づく



    以上の比較表から言えることは、以下の3つ。

    • ウォーターサーバーはペットボトルや浄水器と比較すると水の料金が高い
    • ウォーターサーバーの水は購入ノルマがあることが多く、消費量によってはおすすめできない。(最低注文数は12L×2本=24L以上が主流)
    • おいしくて安全な冷水温水がすぐに使えることは最大のメリット

    ウォーターサーバーはペットボトルや浄水器と比較すると少々高めですが、最大の魅力は、安全でおいしい冷水・温水をすぐに使えることです。

    赤ちゃんのミルクづくりや料理、コーヒー、インスタント食品に利用でき、日常生活がより便利になります。

    実際にウォーターサーバーを契約した人の口コミは…
    ゴミ出ないしお湯出るしカップラーメンすぐ作れるし、便利すぎて楽しい、ありがたいです
    ウォーターサーバーがあると朝の湯沸かし作業が無くなる。スープにコーヒーに、ボタン一つでお湯が出るのは超便利!


    口コミを見てもわかるように、その便利さを魅力に感じているという声が多くありました。

    これらを踏まえ、少し値段は高くても「安全さや便利さを優先したい」という人に、ウォーターサーバーはぴったりといえるでしょう。



    ウォーターサーバーが向いているのは…
    • お水の安全さや利便性を重視したい方
    • 赤ちゃんのいるご家庭
    • コーヒー・お茶をよく飲む方
    • 料理をよくする方
    • 自宅に人を招く機会が多い
    • インスタント食品をよく食べる方

    「自分にはウォーターサーバーがあってそう」と思われた方は、次のステップに進みましょう。

    STEP1.水の種類・配送方式を比較!
    ウォーターサーバーの基本を知ろう

    ウォーターサーバー選びで失敗しないためには、基本である水の種類や配送方式を比較し、どれが自分にあっているのかを知ることが大切です。押さえるのはたった2つだけ。

    1. 水の種類:天然水RO水を比較
    2. ボトルの配送方式:ワンウェイ方式リターナブル方式を比較
    それぞれ、簡単にみていきましょう。

    1.水の種類:天然水かRO水を比較

    ウォーターサーバーの水には、天然水かRO(アールオー)水の2種類があります。

    天然水は特定の水源より採取された地下水、RO水は水道水や河川水などをRO膜と呼ばれる細かな膜でろ過したものです。

    原料となる水や製造過程の違いから、成分や味、値段相場が異なります。

    天然水とRO水比較表
    天然水とRO水の違いの図
    名水地などの特定の水源 採取地 水道水や河川水
    天然由来のミネラル成分を含む 成分 ミネラル成分を含まない
    (後から添加する場合あり)
    基準値を超える汚染物質は含まない 安全性 汚染物質は含まない
    採取地によって成分が異なるので、味も違う。
    まろやかで飲みやすいものが多い。
    無味無臭
    (ミネラルが添加された場合、まろやかでさっぱりとした味わい)
    高め 値段 安い
    ワンウェイが多い 配送方式 リターナブルが多い

    天然水もRO水もメリットデメリットがあるので一概にどちらがおすすめとは言えません。どちらか一方しか取り扱っていないウォーターサーバーが多いので、各メーカーの公式ページをチェックしましょう。

    2.ボトルの配送方式:ワンウェイ方式かリターナブル方式を比較

    ボトルの配送方式は、ワンウェイリターナブルの2種類があります。以下の比較表を参考に、あなたのライフスタイルを合ったものを選びましょう。

     
    ボトル配送方式比較表
    ワンウェイ方式
    (使い切りボトル)
    リターナブル方式
    (再利用ボトル)
    ウォーターボトルは使い切り。
    自分で処分する。
    配送方式 ウォーターボトル(ガロンボトル)は再利用。
    業者が回収・交換してくれる。
    空ボトルをゴミとして捨てられる。
    捨てられるので場所を取らない。
    メンテナンス不要
    メリット 環境にやさしい。
    値段が安い。
    サーバーのメンテナンスがあるので衛生的
    リターナブルより割高。
    ゴミの分別が面倒
    デメリット ボトルの保管場所が必要。
    ボトル回収時に自宅にいる必要がある


    ワンウェイ方式のボトルは使い捨てタイプ。空ボトルをゴミとして捨てられるので場所をとらないのが魅力ですが、比較的高めの価格設定になっています。

    一方、リターナブル方式は使い終わったボトルをリサイクルするタイプ。空ボトルの保管場所が必要ですが、料金が安いのが魅力です。
    ボトルの配送方式比較まとめ
    • 値段は割高だけど、使い勝手のよいワンウェイ
    • 値段は安いけど、場所をとるリターナブル

    STEP2.こだわり条件を比較!
    ライフスタイルから重要視する比較条件を決める

    ここまでウォーターサーバーの基本の比較項目について紹介してきました。ここからは、あなたの思考やライフスタイルから、重要視する比較条件を決めましょう。

    よくあるこだわり条件には、例えば以下のようなものがあります。

    口コミ・評判で
    選びたい
    とにかく安い
    ウォーターサーバーがいい
    おしゃれな
    デザインがいい
    口コミ・評判で選ぶウォーターサーバー 安いウォーターサーバー おしゃれな部屋に馴染むウォーターサーバー
    口コミ・評判で人気の
    ウォーターサーバーを選ぶ
    赤ちゃんがいる 女性や年配の方 一人暮らしの方
    赤ちゃんがいるご家庭におすすめのウォーターサーバー 女性でも楽にボトルが交換できるウォーターサーバー 一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー
    お得な赤ちゃんプランや
    キャンペーンを
    実施しているメーカーを選ぶ。
    衛生的なウォーターサーバーを選ぶ
    ボトルを足元に設置するタイプの
    ウォーターサーバーを選ぶ
    コンパクトサイズの卓上型、
    配達日時が指定ができる
    ウォーターサーバーを選ぶ
    あなたのこだわりポイントは見つかりましたか?ここまでくれば、おすすめのウォーターサーバーがわかったも同然。次のステップに進みましょう。

    STEP3.ウォーターサーバーの料金を比較!
    条件を満たすウォーターサーバーで最も安いものを選ぶ

    ウォーターサーバーの比較項目ラスト、最も重要な最後のステップは条件にあったウォーターサーバーの料金を比較し、「最も安いものを選ぶ」ことです。

    実は、ウォーターサーバーを利用するのにかかる月額料金は、水の料金だけではありません。他にも以下のような様々な費用がかかってきます。

    ウォーターサーバーサーバーにかかる月額費用
    サーバーレンタル料金

    水の料金

    安心サポート料金

    電気代
    (+配送料金)


    これらの料金を全て合算した料金を比較することで、はじめて本当におすすめのウォーターサーバーがわかるんです。

    それぞれの費用の目安料金は以下の表を参考にしてください。

    サーバー
    レンタル
    料金
    無料~1,300円。
    大半のウォーターサーバーは無料でレンタル可能。高機能やおしゃれなものは、有料の場合あり
    水の料金
    (500mlあたり)
    50~80円
    安心サポート
    料金
    無料~2,000円
    電気代 400~1,000円
    配送料 無料が多い。地域により配送料がかかる場合あり。

    ウォーターサーバーを利用するには、これらを合計して月額3,000~6,000円くらいの費用がかかります(月に24Lの水を注文した時の目安)。

    また、「水の料金が安いからお得!」と思って契約したところ、最低注文数のノルマが厳しく、結局支払いが高額になってしまったというのもよく聞く話です。

    ウォーターサーバー選びで失敗しないためには、水の種類や配送方式だけでなくこれらの料金や最低注文数などの条件を会社ごとに調べ、比較していく必要があるんです。

    とはいえ、「そんな面倒なこと、やりたくない!」というのが本音ですよね。

    でも、安心してください。

    当サイトでは、そんなあなたに代わってウォーターサーバーを利用するのにかかる実質の月額料金を徹底調査し、本当に安いウォーターサーバーを明らかにしました。後半では、こだわり別のおすすめウォーターサーバーを紹介しているので、きっとあなたにあったウォーターサーバーが見つかるはず。

    まずは総合料金比較表から見ていきましょう!

    「すぐにこだわり別のおすすめウォーターサーバーを知りたい!」という方は以下からスクロールしてください。

    【2020年最新】ウォーターサーバー総合料金比較表

    ウォーターサーバーの月額料金やこだわりポイントが一目でわかる総合料金比較表です。ここでは、21社を比較した中でも特におすすめできる8社を紹介します。

    ウォーターサーバー総合料金比較表
    アルピナウォーター アクアセレクト アクアクララ プレミアムウォーター
    アルピナウォーターのロゴ アクアセレクトのロゴ アクアクララ プレミアムウォーターのロゴ
    月額
    料金
    (水24L)
    2,655円~
    3,066円~
    3,400円~
    3,680円~
    水種類 RO水 天然水 RO水 天然水
    ボトル
    種類
    リターナブル ワンウェイ リターナブル ワンウェイ
    水料金
    (500ml換算)
    43円 64円 50円 77円
    特徴 #チャイルドロック #卓上あり #水素水 #チャイルドロック #卓上あり #日時指定 #土日配送 #ボトル交換が楽 #チャイルドロック #卓上タイプ #ボトル交換が楽 #赤ちゃんプラン #コーヒー #チャイルドロック #卓上タイプ #おしゃれ #赤ちゃんプラン #日時指定 #土日配送
    クリクラ フレシャス コスモウォーター うるのん
    クリクラのロゴ フレシャスのロゴ コスモウォーターのロゴ うるのんのロゴ
    月額
    料金
    (水24L)
    3,072円~
    3,800円~
    4,300円~
    3,612円~
    水種類 RO水 天然水 天然水 天然水
    ボトル
    種類
    リターナブル ワンウェイ ワンウェイ ワンウェイ
    水料金
    (500ml換算)
    55円 79円 79円 75円
    特徴 #チャイルドロック #卓上タイプ #赤ちゃんプラン #ボトル交換が楽 #チャイルドロック #卓上タイプ #ボトル交換が楽 #赤ちゃんプラン #日時指定 #土日配送 #チャイルドロック #ボトル交換が楽 #チャイルドロック #卓上タイプ

    とにかく安い!最安値No.1のウォーターサーバーはこれ!

    アルピナウォーター

    全ウォーターサーバーで最安!とにかく費用を抑えたい人に人気のウォーターサーバー

    • RO水
    • チャイルドロック
    • 卓上タイプあり
    • 水素水

    アルピナウォーター
    おすすめポイント
    業界最安!
    小ボトルで利便性◎

    アルピナウォーター

    レンタル料 572円~
    ボトル料金 1,050円~/本
    ボトル容量 12L /本
    注文単位 3本(1箱)
    配送料 無料~600円
    配送地域 東京23区及び東京都下・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬・福島・愛知県・大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県
    合計料金
    (24L利用時)
    2,672円~/月

    アクアセレクト

    天然水で最も安い!「全国一級河川水質調査」No.1に15回輝く「宮川」の水をお手頃価格で利用できる唯一のウォーターサーバー

    • 天然水
    • チャイルドロック
    • 卓上タイプあり
    • 水素水
    • 日時指定可
    • 土日配送可
    • ボトル交換が楽

    アクアセレクト
    おすすめポイント
    天然水最安
    高品質な水

    アクアセレクトサーバー

    レンタル料 無料
    ボトル料金 1,200円/本
    ボトル容量 11.35L /パック
    注文単位 1本(1箱)
    配送料 無料~2,378円
    配送地域 全国
    月額料金 3,066円~/月

    赤ちゃんがいる方におすすめNo.1

    アクラクララ

    家庭用ウォーターサーバー業界シェアNo.1!赤ちゃんにも安心安全なRO水

        
    • RO水
    • チャイルドロック
    • 卓上タイプあり
    • ボトル交換が楽
    • 赤ちゃんプランあり
    • コーヒーメーカー

    アクアクララ
    おすすめポイント
    安心安全のRO水
    赤ちゃんプランで最安
    LINEで簡単お水注文

    アクアクララ

    レンタル料 1,000円~
    ボトル料金 1,200円~/本
    ボトル容量 12L /本
    注文単位 1本(1箱)
    配送料 無料
    配送地域 全国
    月額料金
    (24L利用時)
    2,900円~/月
    ※子育てアクアプラン適用後の価格

    おしゃれなデザインNo.1決定戦

    プレミアムウォーター

    業界シェアTOPクラス!グットデザイン賞受賞のおしゃれなウォーターサーバー

       
    • 天然水
    • チャイルドロック
    • 卓上タイプあり
    • おしゃれ
    • 赤ちゃんプランあり
    • 日時指定
    • 土日配送

    プレミアムウォーター
    おすすめポイント
    おしゃれなデザイン
    5種類の天然水

    プレミアムウォーター

    レンタル料 無料~
    ボトル料金 1,840円~/本
    ボトル容量 12L /本
    注文単位 2本(1箱)
    配送料 無料
    配送地域 全国
    月額料金
    (24L利用時)
    3,680円~/月

    一人暮らしにおすすめNo.1のウォーターサーバー

    アクアセレクト

    使い捨てボトルで最安!一人暮らしで安いウォーターサーバーならアクアセレクトがおすすめ

        
    • 天然水
    • チャイルドロック
    • 卓上タイプあり
    • 使い捨てボトル
    • 日時指定可
    • 土日配送可

    アクアセレクト
    おすすめポイント
    天然水で最安
    使い捨てボトル

    アクアセレクトサーバー

    レンタル料 無料
    ボトル料金 1,450円~/本
    ボトル容量 11.35L /本
    注文単位 2本(1箱)
    配送料 無料
    配送地域 全国
    月額料金
    (24L利用時)
    2,900円~/月

    失敗談から学ぶ注意点

    ここまでおすすめのウォーターサーバーを紹介してきました。あなたに合うウォーターサーバーは見つかりましたか?

    最後に、契約前に知っておきたい3つの注意点を押さえておきましょう。

    ウォーターサーバー契約時の3つの注意点
    • 購入ノルマは消費量に見合ってるか
    • 自宅が配送可能エリアか
    • 設置費用、事務手数料などの初期費用を確認しよう
    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    購入ノルマは消費量に見合ってるか

    ウォーターサーバーは、ほとんどのメーカーで水の購入ノルマを設けています。簡単に言うと、以下のようなことです。

    「毎月〇本以上は注文してくださいね。それ以下の場合は休止手数料がかかります」
    「毎月〇本以上注文すれば、サーバーレンタル代が無料になります」


    1ヵ月分の注文を無料スキップできたり、ノルマが一切ない、または比較的ゆるいメーカーもあるので、契約前に必ずチェックしましょう。

    自宅が配送可能エリアか

    ウォーターサーバーはメーカーにより、配送エリアが限定されていたり、地域によっては配送料がかかってしまう場合も。自宅が配送可能エリアか、また追加の配送料金がかかるか等、各メーカーの公式サイトで必ずチェックしましょう。

    設置費用、事務手数料などの初期費用を確認しよう

    ウォーターサーバー契約時は、業者や契約するサーバーによって初期費用がかかる場合があります。内訳はサーバー設置費用や事務手数料等、メーカーによって様々です。最近では初期費用無料というメーカーが多くなっていますが、事前に確認しておくと安心です。

    比較方法まとめ

    ここまでウォーターサーバーの比較ポイントやおすすめのウォーターサーバーについて紹介してきました。最後に、ここまで紹介してきた内容のおさらいです。

    絶対失敗しないウォーターサーバーの比較方法
    • STEP1.水の種類・配送方式を比較する
    • 天然水かRO水、ワンウェイかリターナブルを選ぶ
    • STEP2.こだわり条件を決める
    • ライフスタイルなどから重要視する条件を決める
    • STEP3.ウォーターサーバーの料金を比較
    • 条件を満たすウォーターサーバーの料金を比較し、最も安いものを選ぶ
    以上の方法で比較すれば、本当にあなたにおすすめのウォーターサーバーがわかります!

    よくある質問-QandA-

    Q1.ウォーターサーバーはどれくらいお金がかかるの?
    水の消費量24Lの場合、3,000~6,000円程度の費用がかかります。
    Q2.ウォーターサーバーの選び方を教えてください。
    ウォーターサーバーを比較する際は、水の種類・ボトルの配送方式・料金・その他のこだわりポイントなど、あらゆる面から比較検討するのがおすすめです。
    Q3.硬水と軟水の違いは何ですか?
    水にはミネラル成分が含まれていて、水1000ml中に溶けているミネラルの量を表わした数値を「硬度」といいます。WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」といいます。日本の水の平均硬度は、50~60mg/lです。


    コメントを残す