fbpx

新生児に水道水はNG?調乳におすすめの水は

赤ちゃんのミルク作りに最適な水・NGな水って?
赤ちゃんのミルク作りに最適な水

赤ちゃんの1日に必要な水分量をご存じでしょうか?

生後〜1か月の赤ちゃんで1日に840ml、生後2か月〜の赤ちゃんの場合、1ℓ以上の水分量が必要になります。

赤ちゃんが毎日口にするミルクですから、使う水の質や安全性について、きちんと考えていきたいですよね。

たとえば、体によさそうなミネラルウォーターはミルク作りのお水として最適なのでしょうか?

「あれ?断言できないな…」

そんなあなたに、この記事では赤ちゃんのミルク作りに最適なお水や選び方を紹介しています。

また、赤ちゃんのミルク作りに最適な水だけでなく、正しい粉ミルクの作り方、外出先での安全な調乳方法やお助けグッズなども紹介しています。

これからママになる妊婦さんや、既に子育て奮闘中のママ・パパさんの赤ちゃんのミルク作りに関する疑問や不安を解消できるページになっておりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

それではさっそく見ていきましょう。

赤ちゃんのミルクづくりにミネラルウォーターはOK?



「市販のミネラルウォーターは、安全でしょ?」という考えをお持ちの方、それは少し危険かもしれません。

そもそも赤ちゃんのミルクづくりには、硬度が60mg/L以下の軟水が良いとされています

これは、消化器官が未発達な赤ちゃんの内蔵に、ナトリウム、カルシウムなどのミネラル分が負担になる可能性があるためです。

有名どころの硬水には、エビアン、コントレックスなどがあります。

これらのミネラルウォーターは、スーパーやコンビニなどでも販売されているため、間違って買わないように注意が必要です。

大切な赤ちゃんを守るためにも、ミネラルウォーターを選ぶ特は、ラベルの成分表示までしっかりチェックをして軟水のものを選びましょう

ここからは、赤ちゃんが飲んでも安心なお水の選び方について、より詳しく見ていきましょう。

ミルクに最適な水の選び方

水を持っている手

赤ちゃんに向くお水の基本は「軟水」

さきほど、硬度や軟水という言葉がでてきました。

そもそもミネラルウォーターは、硬度の違いにより、硬水・軟水の2種類に分けられます。

硬度とは、ナトリウム・カルシウムがどのくらい含まれているかを表わした数値です。

WHO(世界保健機関)の飲料水水質ガイドラインに基づくと、硬水と軟水の基準値は次のように規定されます。

WHO(世界保健機関)飲料水水質ガイドライン
軟水 0~60mg/L未満
中程度の軟水(中硬水) 60以上~120mg/L未満
硬水 120以上~180mg/L未満
非常な硬水 180mg/L以上


各粉ミルクメーカーでは、赤ちゃんのミルクづくりのお水には、市販の軟水を推奨しています。

 

カルシウム、マグネシウム等の無機塩類(ミネラル)の少ない市販水をお選びください。

引用:明治ほほえみ:https://www.meiji.co.jp/baby/club/category/products/products275.html

ミルクの調乳に適した軟水をお使いになることをおすすめします。

引用:森永乳業はぐくみ:https://ssl.hagukumi.ne.jp/CGI/qa/search.cgi?mode=detail&seq=699



以上のことからも、ミネラルウォーターで赤ちゃんの粉ミルクを作るのであれば、ミネラル含有量の少ない軟水を選びましょう。

軟水の中でも、硬度はできるだけ低いお水が赤ちゃんのミルクづくりに適していますよ。

ミルクづくりに最適なのは【純水(ピュアウォーター・RO水)】

赤ちゃんの粉ミルクづくりのお水としてより最適なものに硬度が限りなく低い「純水」があります。

ROフィルターという特殊な膜で水をろ過することで、雑菌・有害物質・微生物・放射能物質などを除去したお水です。

ミネラル成分も一緒にろ過され、H2O以外の成分がほぼ含まれません。

限りなくピュアで硬度0に近いお水なので、粉ミルクにすでに配合されている栄養素や電解質のバランスを崩さず、赤ちゃんのミルク作りにぴったりです!

純水を飲料水にするのは危険?
水には成分を均一に溶かす「溶解性」というものがあり、水の純度が高ければ高いほど強くでます。

溶解性が強いといろいろな成分を溶かし込みますが、これは身体の中でも同じです。つまり、体内のミネラルを溶け出させてしまう危険性があり、ミネラル不足に陥る危険性があるんです。

赤ちゃんのミルク作りに最適なピュアウォーターは、飲料水としてではなく、お料理などに活用するのがおすすめです。

水道水はNG?

市販の粉ミルクは「水道水で作る」ことが前提だけど…

市販の粉ミルク(明治ほほえみ・明治ほほえみ らくらくキューブ、森永乳業はぐくみなど)のほとんどは、日本の水道水で粉ミルクを解いた時に赤ちゃんにとって最適なミネラルバランスになるように作られています。

水道水を使った赤ちゃんのミルク作り方が一般的なんですね。

水道水の安全性が不安

水道水での作り方を前提とした市販の粉ミルクがほとんどですが、水道水の安全性が懸念されています。

たとえば、雑菌繁殖を予防する目的で含まれる残留塩素。 大人であれば問題になる量ではありませんが、小さな体の赤ちゃんにとって良いものとは言えません。

さらに、水道水を作る過程で発生してしまうトリハロメタンは、発がん性や催奇形性が疑われる物質で10分以上の煮沸をしないとなくなりません。

地域によっては、さらに長い煮沸が必要な場合も…。

マンションにお住まいであれば、貯水タンクの衛生管理が悪く水質が落ちてしまう可能性もあります。

水道水は硬度の面でみると軟水の1種ではありますが、安全面でみると赤ちゃんのミルクづくりのお水としてあまりおすすめできないのです。

水道水を使った粉ミルク作りは意外と手間・費用がかかる…

お腹を空かせた赤ちゃんは、おとなしくミルクができるまで待ってはくれません。 赤ちゃんをあやしながらミルクを作るのって本当に大変…!

水道水からつくる粉ミルク作りの流れをシミュレーションしてみましょう。

  • STEP.1
    水道水を10 分以上煮沸する トリハロメタンを完全に除去するために10分以上の煮沸をします。

     

    「電気ポットやケルトで水道水を煮沸させれば簡単なんじゃない?」 電気ポットやケルトの多くは、煮沸して一定温度になると自動的に煮沸ストップ機能がついたものです。

     

    再煮沸機能がついていても温度が下がらないと起動しないか、何度も繰り返しスイッチを押して煮沸を繰り返すはめに…。

     

    電気ポットやケルトは有害物質除去のための煮沸目的ではなく、市販の軟水や純水のミルク用お湯作りか、煮沸後のお水を再加熱する目的で使うと良いですね。

     

    レンジでの加熱はOK?
    10分以上の煮沸を加えないと、カルキとトリハロメタンを完全には除去できないのでレンジの加熱力では不十分です。 作り置いたミルクをレンジで加熱するのも成分が壊れてしまうことから推奨されていません。


    十分に煮沸したお湯は、70度85度など赤ちゃんのミルクづくりに最適な温度調整をしてくれる電気ポットに入れておくと使いやすいですよ。

     

    煮沸したお水を70度にキープする調乳用ケルトや哺乳瓶ボトルウォーマーもアマゾンや楽天で販売されていて簡単に探せます。

  • STEP.2
    煮沸後、70度までお湯を冷まします。

     

    なぜ調乳温度は70度以上なの?
    粉ミルクにごく微量のサカザキ菌やサルモネラ菌が残っている可能性があります。 赤ちゃんへの安全を考え、世界保健機関(WHO)及び国連食糧農業機関(FAO)により策定しされたのが、粉ミルクは70℃以上のお湯で溶かすという基準です。

    出典:「乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン」

  •  

  • STEP.3
    2で用意したお湯をできあがり量の約2/3まで哺乳瓶に注ぎます。

    粉ミルクを入れて、哺乳瓶を振って溶かします。

  •  

  • STEP.4
    残り1/3にお湯か湯冷まし※を加え、軽く混ぜ合わせます。

    ※きちんと煮沸をした水道水。市販の軟水、純水なども湯冷ましとして使える。

  • STEP.5
    ミルクが熱すぎる場合は流水を当てるか、冷水につけてミルクの温度調整をします。
    少し温かいと感じる40℃くらいができ上がりの目安です。

10分以上沸騰させて、ミルクを早く冷ますなら湯冷まし用のお水も用意しておいて、面倒な煮沸を繰り返す必要がないように電気ポットやケルトを用意してetc….。

水道水のお水でつくる赤ちゃんのミルク作りは、労力も手間もかかることが分かります。

ママ・パパが大変なだけでなく、ミルクを心待ちにしている赤ちゃんにも負担です。

スーパーの水の無料提供サービスは使ったらダメ?

店頭で専用容器を購入すると、水を無料でもらえるサービスを行っているスーパーもあります。

スーパーによって水の種類は違い、イオン水、水道水をろ過した純水などです。

大人が飲む分には問題ありませんが、硬度や成分が明確ではないことが多く、赤ちゃんに与える上で衛生上本当に大丈夫なのかは分かりません。

赤ちゃんのミルクづくり用のお湯や調乳時のお水としても使うのであれば、煮沸するのがおすすめです。

では、赤ちゃんのミルクづくりにおすすめの水を選ぶならどんな水が良いのでしょうか。 

赤ちゃんのミルク作りにおすすめの水

赤ちゃんがミルクを飲んでいる

赤ちゃんのミルクづくりには次の3種類の水がおすすめです。

ペットボトルの水

ペッドボトルの水は近所のスーパーでも気軽に手に入り便利です。妊婦さんや赤ちゃんを抱っこしながらの購入は大変なので、アマゾン・楽天などの通販サイトでの購入が便利です。

購入する際は、できるだけ硬度の低い軟水や、純水を選びましょう。

最近は、コストコで購入できるペットボトルのお水も、赤ちゃんの調乳用のお水として人気です!

浄水器で生成した純水

浄水器であれば、お水代はシンプルに水道代と、浄水器の料金のみ。 お水の消費量が多いというご家庭に人気です。

浄水器の種類にもよりますが、カルキやトリハロメタンなど、99%不純物や雑菌を処理できるものもあります。

デメリットを挙げると、フィルターは使うほどに性能が落ちるため、こまめなフィルター交換が必要です。

また、浄水器で作ったお水は塩素を除去しているため、雑菌が繁殖しやすいです。そのため、作り置きのお水としては向かないので赤ちゃんのミルク作りには注意が必要です。

ウォーターサーバーのお水

赤ちゃんがいるご家庭には、ウォーターサーバーのお水も人気です。

ウォーターサーバーの魅力は、なんといっても冷水や温水がすぐ使えるということ。

赤ちゃんがそのまま飲んでも問題のない、温水・冷水がすぐに使えるので赤ちゃんのミルク作りが驚くほど簡単になります。

また、お水を定期的に届けてくれるため、重たい水を持ち運ぶ手間がかからないのもママさんに評判です。

ウォーターサーバーのお水の種類には、天然水・RO水がありますが、赤ちゃんのミルク用であれば、純粋に近いRO水(ピュアウォーター)がおすすめです。

ミネラル分をほぼ含まないため、粉ミルクのミネラルバランスを崩す響くことがなく安心して使えます。

水ボトルは未開封であれば1年持ちますし、クリーン機能付のサーバーを選べばお水を常時、衛生的に維持できます。

「妊娠をきっかけに」「赤ちゃんとママのためを考えて」とウォーターサーバーを検討されるご家庭も多いんですよ。

赤ちゃんの調乳にはウォーターサーバーがおすすめ!



「ウォーターサーバーは高い」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、安いものは月々3,000円程度で利用ができるものもあるんです!

ペットボトルのお水・浄水器の水も赤ちゃんのミルクづくりのお水として使えますが、煮沸の必要・お湯の温度維持・湯冷ましのお水の保存など、色々クリアしなければいけない点が出てきます。

赤ちゃんとの生活の中で利便性・安全性を考えたい方には、ウォーターサーバーがおすすめです。

これから始まる赤ちゃんとの生活がどんな風に豊かになるのか、想像しながらぜひご検討ください。

こんなメリットが待っています!

煮沸の必要なし!赤ちゃんもうれしいミルクづくりの超時短が叶う

70~85度のお湯がすぐに使える・5度前後の冷水は煮沸の必要がありません。

ミルク作りのお湯としてそのまま使えますし、冷水もしっかりと熱殺菌されているため、調乳用の湯冷ましのお水や乳幼児になれば離乳食用のお水・飲料としても大活躍。

水道水・ペットボトル水・浄水器の水で必要な煮沸の時間が不要になるので、一回のミルク作りで5分〜10分の時短ができます。

哺乳瓶に仕上がり量の3分の2のお湯を入れて溶かし、冷水を仕上がり量まで注げばミルクの完成です。

冷やす時間も短縮され、かなりの時短になりますよ。 ウォーターサーバーを味方につければ、真夜中の授乳もスムーズになり寝不足に悩まされることも減るんです!

赤ちゃんも美味しいミルクがすぐに飲めるので、ご機嫌を損ねません。

湯冷ましのお水を作って保存する必要なし

調乳で使う湯冷ましは、常温保存(または冷蔵庫に入れて)24時間以内に使い切る必要があります。

ウォーターサーバーであればタンク内のお水=そのまま使える湯冷ましなので、直に哺乳瓶にそそげます。

機能によっては常温水を出せるものもあり、衛生的にタンク内に保存されるので水のムダが出ません。

外出・お出かけ時の調乳も楽々

「外出やお出かけの時の赤ちゃんのミルクづくりのお水、みんなどうしているの?」気になりますよね。

レストランなど外出先でお湯をもらえるから、湯冷ましのお水だけ水筒に入れて持っていくというママ。

十分に煮沸させたお湯をそのまま魔法瓶に入れて持っていくというママも。

荷物をできるだけコンパクトにするなら、哺乳瓶に煮沸完了後のお湯を入れて、保温カバーをしておくという手もあります!

水道水やペットボトルで購入した水であれば、外出準備の段階でお水を煮沸する必要がありますが、ウォーターサーバーのお湯・お水なら煮沸不要!

そのままウォーターサーバーからお湯や冷水を魔法瓶や水筒に入れるだけで外出・お出かけ用のお水の準備が完了しますよ。

最初から調乳したミルクを哺乳瓶に入れてお出かけはダメ?
1度作った粉ミルクの消費期限は1時間。

雑菌が繁殖しやすいため、ミルクの作り置きはできません。



作り置きのミルクを希望する方は、「明治 ほほえみ らくらくミルク」など缶入りミルクをお役立てください。

常温で飲めるミルクなので、哺乳瓶に入れ替えるだけですぐに赤ちゃんにミルクを与えられます。

まとめ

 いかがでしたでしょうか?

ウォーターサーバーを導入することで、ママ・パパの赤ちゃんのミルク作りにかかる時間と労力が減るだけではありません。

美味しくて安全、さらにミルク作りの時短により、お腹を空かせている赤ちゃんにとってもメリット満載です。

妊婦さん、5歳以下のお子様のいる家庭限定で、お得なプランを提供しているウォーターサーバーもあるので、少しでも興味があれば次のリンクからおすすめプランを探してみてください。



コメントを残す