fbpx

ミルク作りにおすすめの宅配水ランキング

【2020年度】赤ちゃん向けウォーターサーバーおすすめランキング
このページでは、赤ちゃんがいるご家庭におすすめのウォーターサーバーをご紹介しています。

赤ちゃんの誕生前で不安を抱えているママさん。
赤ちゃんが誕生して目まぐるしい日々を送っているママ・パパさん。


どの場合でも、赤ちゃんというかけがえのない存在を守りたいという想いは共通しているのではないでしょうか。

「粉ミルクに調乳や離乳食に使う水にも安心安全なものを使いたい」そんな気持ちがわいてくるのも自然なことです。

でも、「ウォーターサーバーは赤ちゃんにも安心して使えるの?」「ウォーターサーバーといわれても、どれがいいのか全然わからない」といった悩みを抱えている方は非常に多いのが現実。

ですがご安心ください。

当ページでは、20社以上のウォーターサーバーを比較した上で、赤ちゃん向けの本当におすすめなウォーターサーバーをご紹介します。

失敗しないウォーターサーバーの選び方や、契約前の注意点までわかりやすく解説するので、ぜひウォーターサーバー選びにお役立てください!

記事の目次

そもそもウォーターサーバーは粉ミルクや離乳食作りに使えるの?

そもそも、ウォーターサーバーの水は粉ミルクや離乳食づくりに使えるのかが気になるポイントですよね。

ウォーターサーバーの水は品質管理を徹底したお水。水道水よりも安全といわれており、赤ちゃんの粉ミルクや離乳食づくりにおすすめです。

ミルクがいらなくなっても、授乳期後の子供の飲料水としても利用できますよ。

また、赤ちゃんを抱っこしながらでもすぐにお湯が使えるウォーターサーバーは、忙しいママさんにはとってもおすすめ。

最近では調乳モードという、70度という調乳に適した温度のウォーターサーバーも登場しており、通常のお湯よりも早くミルクの調乳ができるのが魅力です。

失敗しない選び方-3つのポイント-

ウォーターサーバーはミルクや離乳食づくりに活用できることはわかりましたが、では一体、どんなウォーターサーバーを選べばいいのでしょうか。

ここからは赤ちゃん向けのウォーターサーバーを選び方を3つのポイントにわけて紹介していきます。

失敗しないウォーターサーバーの選び方
  • 水は硬度が低いものを選ぶ(RO水がおすすめ)
  • サーバーの安全性・利便性が高いものを選ぶ
  • 価格が安いものを選ぶ

なぜ硬度が低いものがいいのか、また安全性や利便性が高いものはどう判断すればいいのかについて、以下より解説していきます。

1.水は硬度が低いものを選ぶ(RO水がおすすめ!)

水にはミネラル成分が含まれており、その含有率を表わしたものが硬度です。

赤ちゃんはミネラル成分を排出できずに内蔵を痛めてしまう可能性があるため、硬度が60mg/L以下の水を選ぶのは必須。

なお、ウォーターサーバーの水には、天然水とRO水の2種類がありますが、以下の理由からRO水をおすすめしています。

  • 天然水は、メーカーにより硬度が高い場合がある。
  • 天然水は採取により含まれるミネラル成分や含有率が変わります。メーカーによっては硬度が高い場合があるので注意が必要です。

  • 天然水は殺菌処理を行わない場合がある。
  • 天然水は、自然のミネラル成分を残すため、メーカーによって殺菌処理を行わないことがあります。大人であれば多少の菌が入ることは問題ないですが、抵抗力の弱い赤ちゃんは避けた方が安心です。

  • RO水の方が天然水より厳しい検査基準をクリアしている
  • 食品衛生法では、RO水は水道水質基準が適用されます。水道水質基準は、51の項目とその基準値が設定され、さらに「水質管理目標設定項目」が26項目定められてるなど、とにかく厳しい基準があります。一方、天然水と呼ばれるミネラルウォーターは食品基準が適用され、その項目は18項目。水道水を原料とするRO水と比較すると、基準が緩くなっています。


このような理由から、赤ちゃんのミルクや離乳食づくりの水にはRO水がおすすめです。

もちろん天然水が絶対NGというわけではありませんが、選ぶ場合は、製造工程や硬度を必ずチェックするようにしてください。

2.サーバーの安全性・利便性が高いものを選ぶ

赤ちゃんがいるご家庭では、ウォーターサーバーの安全性や利便性が高いかどうかは非常に重要。具体的には、以下のポイントを満たしているウォーターサーバーがおすすめです。

チャイルドロックがあるサーバーを選ぶ

一人で歩けるようになった場合に備えて、チャイルドロックがしっかりとついているものを選びましょう。お湯側だけでなく、冷水側にもついているものが安心です。

水が注ぎやすいサーバーを選ぶ

赤ちゃんを抱っこしたままでも注ぎやすいものがベスト。両手を使わないと注げないものもあるので事前にチェックしましょう。

ボトル交換がしやすいものを選ぶ

水のボトルは12Lが一般的。また、ボトルの設置場所は旨の高さほどあるので、ボトル交換は意外と重労働です。そのため、小ボトルがあるウォーターサーバーを選ぶか、足元にボトルを設置するタイプを選ぶのがおすすめです。

調乳モードがあるかどうか

ここは必須ではありませんが、調乳モードもあると理想的です。通常のウォーターサーバーのお湯の温度は85~90度で、ミルクを冷ますまで時間がかかります。

調乳モードだと約70度の温度で維持できるので、通常のウォーターサーバーよりも早くミルクを作れます。ちなみにこの70度は、しっかりと殺菌出来る温度なので安心です。

3.価格が安いものを選ぶ

ウォーターサーバーは長く使い続けるものなので、ここまで紹介した条件を満たした上で、価格が安いものを選ぶのが賢い選択です。

とはいえ、ウォーターサーバーにかかる費用はサーバーレンタル代や水の料金だけではありません。また、注文ノルマを課しているウォーターサーバーが多く、公式ページを見ただけでは本当の支払額が見えづらくなっています。

それに、赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバーの条件をそれぞれチェックするのも結構大変…結局、赤ちゃん向けのウォーターサーバーの中で、どこが最もおすすめなのでしょうか?

当ページでは、ここまで紹介してきた条件や面倒な料金をあなたの代わりに徹底比較しました。20社以上比較した結果、赤ちゃんにおすすめといえる4社について、比較した結果を紹介します。

料金や条件を徹底比較!赤ちゃんにも最もおすすめはどれ?

  アクアクララ クリクラ アクアセレクト フレシャス
メーカー アクアクララのロゴ クリクラのロゴ アクアセレクトのロゴ フレシャスのロゴ
水の種類
RO水
RO水
天然水
天然水
価格(税込み)
50円/500ml
55円/500ml
64円/500ml
79円/500ml
月額料金
(水24L)
2,900円~
3,072円~
3,066円~
4,300円~
チャイルドロック
2重ロックあり
簡易的
簡易的
2重ロックあり
利便性
足元ボトル
/小ボトル
小ボトル
小ボトル
足元ボトル
/小ボトル
注文ノルマ
なし
72L/3ヵ月
24L/月
18.4L~
(サーバーによる)
水の硬度
29.7mg/L
30mg/L
30mg/L
20~85mg/L
満足度 3.8
★★★★☆
4.0
★★★★☆
3.75
★★★★☆
3.5
★★★☆☆
以上の比較を踏まて、赤ちゃんに最もおすすめなウォーターサーバーランキングをみていきましょう。

赤ちゃんのウォーターサーバーおすすめ人気ランキング

1位:アクアクララ

アクアクララは赤ちゃんにおすすめランキング1位のウォーターサーバー

月額料金 チャイルドロック 利便性 満足度
2,900円~
2重ロックあり
足元ボトル
/小ボトル
3.8
★★★★☆

赤ちゃん向けで人気のウォーターサーバーがアクラクララです。

安心安全のRO水で良心的な価格が魅力。またRO水ではめずらしく、おしゃれなサーバーが選べるのも嬉しいポイント。妊娠中の女性でもボトル交換が簡単な足元ボトルのサーバーや、持ち運びが楽な小ボトルも用意されているので利便性も抜群です。

また、契約期間が半年、解約料金が他社と比較して安いなど、良心的な印象のあるアクアクララ。総合力ではNo.1の自信を持っておすすめできるウォーターサーバーです!

2位:クリクラ

クリクラは赤ちゃんにおすすめランキング2位

月額料金 チャイルドロック 利便性 満足度
3,072円~
簡易的
小ボトル
4.0
★★★★☆

クリクラは世界基準の安全性が認められたウォーターサーバーです。

クリクラの水は、国際的な食品安全の認証規格「FSSC 22000」を取得。安全性の高さに定評のあるウォーターサーバーです。



赤ちゃんのいるご家庭向けプラン「クリクラママ」の適用で、最大9本の水ボトルが無料でもらえるキャンペーンも実施中。全国560の産院でも使用されており、安心感・実績のあるウォーターサーバーです。

3位:アクアセレクト

アクアセレクトはランキング3位

月額料金 チャイルドロック 利便性 満足度
3,066円~
簡易的
小ボトル
3.7
★★★★☆

アクアセレクトは天然水最安のウォーターサーバーです。

天然水ですが、その硬度は30mg/Lの軟水で赤ちゃんのミルクづくりにも使えます。チャイルドロックも標準装備で、子供がいる家庭でも安心して利用できますよ。

赤ちゃん向けのプランはありませんが、基本のプランでも十分にお得感のあるウォーターサーバーです。

赤ちゃんの調乳に使用する場合は水の硬度は軟水がベスト

前半でも紹介しましたが、赤ちゃんは胃腸が弱く、マグネシウムなどのミネラルを上手に処理できないため、調乳には軟水を使用するようにしましょう。

日本では0~100mg/Lを軟水と定義しています。

ちなみに日本の水道水は北海島、沖縄まで全て軟水なので気にする必要性はありません。ウォーターサーバーも99%のメーカーは軟水です。

注意してほしいのはミネラルウォーターです。エビアン、ペリエ、ゲロルシュタイナー、コントレックスなどの水は硬水に分類されるので赤ちゃん与えないようにしましょう。

授乳期後の離乳食にもおすすめ

ウォーターサーバーの水は、赤ちゃんが授乳期を終えてからも、離乳食に使用できるのが魅力です。

特にお湯で溶かすスープやポタージュ、おかゆタイプの離乳食づくりには重宝します。ミルクとの混合時期では大活躍です。

また、また、お子様がさらに大きくなった時に、ジュースを飲む習慣を付けさせないのにも役立ちます。健康のために、ジュースの飲みすぎは避けたいですよね。

育児という観点では、色々とメリットが多いのがウォーターサーバーの魅力です。

赤ちゃんがいる家庭におすすめなのはアクアクララ

赤ちゃんのいるご家庭に人気のウォーターサーバーはアクアクララ。安心安全にこだわった水と、価格の安さが魅力です。

アクアクララは赤ちゃんとママの両方に、安心してにおすすめできる数少ないウォーターサーバーです。

価格だけでなく、RO水ではめずらしいデザイン性の高さもおすすめポイント。今なら期間限定キャンペーンを実施中なので、ぜひお早めにご契約ください!



赤ちゃん向けのウォーターサーバー利用時によくある質問9選

こちらではよくある質問をまとめています。

Q1.赤ちゃんのいる家庭にウォーターサーバーはいらない??

A.実際に利用した方は、「生活必需品」。あると大活躍ですが、必須ではありません。

赤ちゃんのいる家庭で、ウォーターサーバーは必要なのか?という疑問に対するサイトの見解は、あると便利ですが必須ではない。

ということです。ウォーターサーバーを使うことで以下のようなメリットがあります。

  • 赤ちゃんの粉ミルクがすぐに作れる
  • 毎日おいしい天然水を飲むことが出来る
  • 冷水とお湯が準備せずに勝手に出てくる
  • ペットボトルをわざわざ買いに行く必要がない
  • 仕事の合間にコーヒーや天然水でリラックスできる
使ってないから子育てが出来ないわけではありませんが、一度使うと手放せないという利用者の声もあります。

メリットを考えると、月額4,000円程度のお金を払う価値は十分にあると考えられます。

Q2.ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルクを作るメリットってなに?

A.ウォーターサーバーで、赤ちゃんのミルクを作るメリットは3つあります。

1.粉ミルクの調乳がスピーディーに出来るから

まず最初のメリットとしては、粉ミルクの調乳が素早く出来る点です。

お湯が常にでるので、沸かし忘れということもありませんし、メーカーによっては、お湯の温度が70度という調乳モードがあります。

この70度というのは、殺菌が出来てかつミルクも冷ましやすい絶妙な温度。これらのおかげでかなり早くミルクを作ることが可能です。

2.新生児の夜泣きへの対応が早く寝不足対策も

また育児経験のある方ならわかりますが、新生児は夜泣きが酷いですよね。3時間おきにミルクをせがむので、どうしても寝不足になってしまいます。

しかしウォーターサーバーは素早くミルクを作れるので、その寝不足を緩和させることが可能です。

これは地味にありがたいメリットであると言えます。

3.大きくなったら離乳食にも使える

生後半年ぐらいになると離乳食が始まりますが、この離乳食を作る際もウォーターサーバーは大活躍します。

それに離乳食後に寝かせる際も、当分はミルクを飲ませることになるので、その際もウォーターサーバーは大活躍です。

これらが赤ちゃんがいるご家庭でウォーターサーバーを使う大きなメリットです。

Q3.赤ちゃんのミルク作りで冷水はそのまま使える?煮沸は必要?

A.冷水の場合はケースバイケースです。お湯をミルクに使用する場合は煮沸は不要です。

赤ちゃんのミルク作りの際にウォーターサーバーのお湯は煮沸は不要です。ただし冷水に関しては注意点が存在します。

お湯は70度以上という基準は満たしており煮沸は不要

まず最初にお湯に関してですが、ウォーターサーバーのお湯は85~90度に設定されているメーカーが多く、殺菌に必要な70度以上という基準は満たしています。

そのためウォーターサーバーのお湯は煮沸は不要です。ただし哺乳瓶などのミルクを入れる器具は、当然ですが煮沸は必要です。

冷水はしっかりとしたメンテナンスや掃除が前提

ウォーターサーバーの水は水道水と比較すると衛生的。しかし、手入れをさぼれば雑菌が増殖しやすいのも現実です。

フレシャス、コスモウォーター、サントリー天然水サーバーのようサーバー内の殺菌機能があるメーカーであっても、雑菌が繁殖することを完全に防ぐことはできないと考えられます。

冷水を使うことは問題ないですが、お掃除はこまめにするなどして衛生的な状態を保つようにしましょう。

Q4.赤ちゃん向けで一番安いメーカーはどこ?

A.赤ちゃん向けで一番安いメーカーはアルピナウォーターです。

調乳モードが無いのがネックですが、月額3,000円程度のかなり安い金額でウォーターサーバーを導入できるのは強みです。

Q5.調乳のみにウォーターサーバーを使用したら毎月いくらかかる?

A.月額3,000~5,500円です。

赤ちゃんのミルクは、大体1日1リットルほどを見ておいた方が良いです。その1日1リットルで計算すると大体上記のような金額になります。

メーカーによって水ボトルの価格が違うので、事前に確認しましょう。

Q6.赤ちゃんのミルク作り方を教えてください

 

A.ウォーターサーバーを使ったミルクの作り方では上記の動画が判りやすいです。

動画を閲覧できないという環境の方もいると思うので、手順を簡単に文章化してみました。参考までにどうぞ。

  • 哺乳瓶を事前に消毒しておく
  • 哺乳瓶に粉ミルクを入れる
  • チャイルドロックを解除する
  • お湯を哺乳瓶の既定のメモリまで入れる
  • 熱いので布巾などで哺乳瓶を持つ
  • 蓋をして哺乳瓶を振ってミルクを溶かす
  • 最後は流水で人肌まで冷やす

これがウォーターサーバーを使ったミルクの作り方です。最もスタンダードで安全性重視のミルクの作り方だと言えます。

これ以外には、お湯を3分の2まで入れて粉ミルクを溶かした後に、3分の1の冷水を足して一気に冷やすスピード重視の方法も有ります。

安全性は落ちますが、素早く冷やすことが出来るのは魅力です。

新生児の時はやはり安全性重視のやり方の方が安心ですね

Q7.ウォーターサーバーにチャイルドロックはあるの?火傷対策・ガードはできる?

A.お湯のチャイルドロックは全メーカー標準装備なので、基本的にそこまで心配する必要性はありません。

しかし、長い目で見ると冷水側もチャイルドロックもあった方が安心。子供が目を離した隙に、水をたくさん出してしまうこともあり得ます。

お湯側のチャイルドロックがあれば、やけどの心配はありませんが、大量の水が無駄になってしまうことを防ぎたいなら、冷水側にもチャイルドロックがあるものを選びましょう。

Q8.赤ちゃん向けのキャンペーン・特典割引ありのメーカーはある?

A.アクアクララ・クリクラ・プレミアムウォーター・フレシャスが赤ちゃん向け優待があります。

赤ちゃん向けのキャンペーン、特典のあるウォーターサーバーをまとめてみました。参考までにご覧ください。

メーカー プラン名 キャンペーン・特典
アクアクララ 子育てアクアプラン 月額500円割引。
初回始めてセットで水ボトル2本分無料。
ママ向けのプレゼントあり。
クリクラ クリクラママ お試し期間中に3本無料でプレゼント。
お試し終了後に継続する場合は
さらに6本無料プレゼント。
プレミアムウォーター マムクラブ サーバー設置無料。
サーバーレンタル料割引。
ボトル料金割引。
フレシャス ママパパプラン 毎年お水1箱プレゼント。
ママ向けのプレゼントあり。

今現在、赤ちゃん向けの専用プランを組んでいるメーカーは以上の4社です。一番のおすすめはアクアクララの子育てアクアプラン。月額料金が最も安くお得に利用ができますよ。

Q9.赤ちゃん向けのウォーターサーバーをお試しは出来る?

A.お試しができるのは、アクアクララ・クリクラのみです。

アクアクララには『子育てアクアお試しセット』があります。設置月のあんしんサポート料金が最大3ヵ月無料+お水5本60Lのセットを2,490円+税でスタートできるお試しプランです。 クリクラには2ヵ月間の無料お試しがあり、赤ちゃん向けプランの「クリクラママ」と併用することができます。

赤ちゃんがいる家庭におすすめなのはアクアクララ

赤ちゃんがいる家庭におすすめなのはアクアクララ

赤ちゃんがいる家庭におすすめのウォーターサーバーはアクアクララ。「子育てアクアプラン」の適用で、安心安全なお水を月額2,900円~利用できます。

また、子育てアクアプランはお子様が6歳になるまで継続でき、お得感が長ーく続くのも嬉しいポイント。

赤ちゃんがいるご家庭に自信を持っておすすめできるウォーターサーバーです!

コメントを残す